柳亭左龍

2021年11月02日


昔の友人からリクエストを頂き、寄席へ。
上野も浅草も池袋も魅力的で迷ったけど、やっはりトリ・喬太郎師を選択。20211029_163809_HDR~2
会場 : 新宿末廣亭

林家さく平『元犬』
林家扇『こうもり』
のだゆき 音楽パフォーマンス
柳家勧之助『長短』
金原亭馬玉『紙入れ』
伊藤夢葉 奇術
宝井琴調『人情匙加減』
古今亭菊太楼『締め込み』
翁家社中 太神楽
五街道雲助『粗忽の釘』

仲入り

林家きく麿『優しい味』
江戸家小猫 動物物まね
柳亭左龍『初天神』
林家彦いち『二月下旬』
林家正楽 紙切り
柳家喬太郎『ハワイの雪』

木戸銭3,000円
続きを読む

m_shike at 22:48コメント(0)

2015年04月11日


新しい会場で落語会をやるというのは大変なんです。
『ちょっぴりちがう寄席』など新しいことにどんどん挑んでいく瀧川鯉朝師の新しい落語会。



予約2,000円

瀧川鯉佐久『新聞記事』
瀧川鯉朝『荒茶』
柳亭左龍『鹿政談』

仲入り

瀧川鯉朝『宮戸川』


会場はコワーキングスペースの一角。
渋谷区代々木のコワーキングスペース(シェアオフィス/レンタルオフィス):YCS Y-valley Coworking Space

一角と言ってもかなり広い。いろんな椅子を並べて60席を確保。
畳の会場でやっている僕としては椅子が羨ましい。
全部椅子にすると高座をかなり高く組まなきゃいけないから大変なのよ。 

オーナーの方が飲み物を振る舞ったり、窓の外には桜が見えて、その向こうには小田急線。
でも防音が効いていてほとんど無音。なかなかによい会場。
あえて言うと、顔が暗く見えるので、照明つけかえちゃうといいんじゃないかな。
天井にダクトレールあったし、横のライトを外してつけるだけで全然変わるはず。

 続きを読む

m_shike at 16:35コメント(2)

2012年01月16日


初席は行かない。
混んでそうだし、前売めんどくさいし。持ち時間短いし。

なので新春初落語は二之席。トリが喬太郎師なら行くしかない。鈴本演芸場1月中席夜の部

●前座 林家扇『真田小僧』 
●春風亭一之輔『鈴ヶ森』
●ストレート松浦 ジャグリング
●春風亭正朝『替わり目』
●柳亭左龍『羽織の遊び』
●大空遊平かほり 漫才
●春風亭百栄『お血脈』
●桃月庵白酒『短命』
お仲入り
●伊藤夢葉 奇術
●入船亭扇遊『一目上がり』
●柳家小菊 粋曲
●柳家喬太郎『ハンバーグができるまで』

この顔付けですから、もう早めに行かないとまずいわけでして。 1時間前には歩道にずらーっと行列ができていた。確かに並ぶだけの価値はあるよね。混んじゃったりガラガラだったり寄席って大変だ。
続きを読む

note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: