古今亭今輔

2022年01月24日


2021年1月下席、休席が続いていた東京落語界の救世主は瀧川鯉八だった。

今思えば、披露目直後で僕も気持ちがたかぶっていたんでしょうね。披露目興行の終了直後、(所属する)落語芸術協会の方に「各寄席のお席亭さんに、必ず満員にするからトリに使ってほしい、万が一満員にできなかったらもう一生トリをとれなくてもいいと伝えてください」と言ったんです。芸人から「トリをとる」と言い出すなんて頭がおかしいというか(笑)異例だと思いますが、「僕をここまで育ててくれた寄席を救いたい!」という純粋な気持ちからの行動でした。まあ色々な事情が重なって出番がいただけたんでしょうけど、「じゃあやらせてみようじゃないか」とノってくださったお席亭には感謝しかありません。10日間のトリを経験してみると、やっぱり最後の最後に出ていく大変さと光栄さと、両方を実感しました。全ての演者さんに助けてもらった、楽しい10日間でしたね。
僕も楽しませていただいた。

さて今年。はっきり言って感染者数は昨年1月より多い。しかし世の中はそれほど萎縮していない気もする。中止になった落語会もあるけど、寄席は全て開いているし、一つ飛ばしのソーシャルディスタンス席にもなってない。

そんな中での主任鯉八興行でございます。

IMG_20220122_155504_HDR

会場 : 新宿末廣亭

三遊亭げん馬『穴子でからぬけ』
春風亭昇輔『ワンダーマジック』
マグナム小林 バイオリン漫談
柳亭小痴楽『真田小僧』
三遊亭王楽『うつけもの』
檜山うめ吉 俗曲と踊り
春風亭鯉枝『ディス・イズ・ア・ペン』
三遊亭遊喜『加賀の千代』
ぴろき ウクレレ漫談
古今亭今輔『ぼくの彼女はくの一』

仲入り

瀧川鯉丸『片棒』
宮田陽・昇 漫才
玉川太福(曲師 玉川みね子)『鹿島の棒祭り』
三笑亭夢丸『のっぺらぼう』
ボンボンブラザース 曲芸
瀧川鯉八『黄金風景 』

木戸銭3,000円
20220122_203130_HDR
続きを読む

m_shike at 09:30コメント(0)

2021年01月24日


外出を控えろと言われましたが、歴史が変わりつつある気がしたので。
20210123_155208_HDR

会場 : 新宿末廣亭

瀧川どっと鯉『松竹梅』
瀧川鯉津『都々逸親子』
三笑亭夢丸『両泥』
瀧川鯉橋『元犬』
コント青年団 コント
三遊亭楽生『持参金』
古今亭今輔『飽食の城』
ぴろき ウクレレ漫談
三遊亭圓馬『雑俳』
桂伸治『幇間腹』

仲入り

立川吉笑『ぞおん』
宮田陽・昇 漫才
玉川太福(曲師:玉川みね子)『地べたの二人・おかず交換』
瀧川鯉昇『鰻屋』
鏡味正二郎 太神楽
瀧川鯉八『にきび』

木戸銭3,000円
続きを読む

m_shike at 21:14コメント(4)

2018年11月05日


「『シェアする落語』をきっかけに落語に落語が好きになったけど、寄席に行ったことがないので行ってみたい」という方を新宿末廣亭にご案内。
DSC_0488


会場 : 新宿末廣亭

神田陽菜『巴御前』
三遊亭吉馬『浮世床(将棋)』
マグナム小林 バイオリン漫談
笑福亭和光『東の旅 見世物小屋』
春風亭昇乃進『深夜のタクシー』
一矢 相撲漫談
古今亭今輔『雑学刑事』
東生亭世楽『尿瓶』
国分健二 漫談
神田亜久鯉『柳沢昇進録 お歌合わせ』
桂歌蔵『熊の皮』
やなぎ南玉 江戸曲独楽
桂米丸『若返り』

仲入り

桂夏丸『懐かしのCMメドレー』
宮田陽・昇 漫才
桂小南『ん廻し』
春雨や雷蔵『たらちね』
翁家喜楽・喜乃 太神楽
三遊亭円馬『妾馬』
 
木戸銭3,000円




 続きを読む

m_shike at 00:23コメント(2)
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
落語関係情報
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: