2023年08月26日

お祭りさわぎで楽しめる確かな腕前 夏の寄席フェス2023中央区寄席演芸課 2023/08/06


三遊亭朝橘師がなんか面白そうなことをやっているので、行ってみた。
DSC_0015

会場 : 日本橋社会教育会館

まねき猫 朝橘 蘭 オープニングトーク
桂しゅう治『転失気』
江戸家まねき猫 動物ものまね
三遊亭朝橘『ぜんざい公社』

仲入り

まねき猫 朝橘 蘭 スペシャルコラボ
神田蘭『織田信長の真実〜四谷怪談』

木戸銭2500円(予約・手ぬぐい割引)


東京都中央区在住の噺家・三遊亭朝橘、中央区出身の動物ものまね芸人・江戸家まねき猫、中央区在住の講談師・神田蘭による芸人ユニット【中央区寄席演芸課】。

この三人が出演しているのがコミュニティFM局「中央エフエム ラジオシティ」の番組『朝橘・蘭・まねき猫のはろー!らじおし亭』

今回はその『朝橘・蘭・まねき猫のはろー!らじおし亭』のイベントで、タイトルは「夏の寄席フェス2023中央区寄席演芸課」なのであります。

説明だけでもけっこう大変。



●まねき猫 朝橘 蘭 オープニングトーク

お三方で、立ちでトーク。
朝橘師の声がとにかくでかい。3人で喋るとすごくよくわかる。
そこに蘭先生が「うるさい」と突っ込む。
「あのね、この人はメールもうるさい」っていうのが一番笑っちゃった。

二人をニコニコに見守りながら、ロビーの出店紹介などちゃんと必要なことを喋っていたのが、まねき猫先生。


●桂しゅう治『転失気』

前座らしく、そつなく、可愛く。

●江戸家まねき猫 動物ものまね

まねき猫先生は趣向の芸人。趣向でまとめられた高座が一つの作品として出来上がっている。

動物ものまねを聴かせるための趣向のひとつが『枕草子』。これがいい。「春はあけぼの」しっとりとして雰囲気がいい。夏、困るのがホタルというのがまた面白い。

なかでも感心したのは、客にちょっとレクチャーして「雨音」をやらせたこと。日本橋社会教育会館の空間に降る柔らかな雨のなかで、まねき猫先生がカエルを鳴く。これねえ、詩情がすごい。
極上のコラボレーションであった。





●三遊亭朝橘『ぜんざい公社』

ラジオ番組で『お菊の皿』をネタ出ししていたらしいが、蘭先生が怪談をやられるということで急遽このネタに。
朝橘師匠らしい鋭い視点からの独自のくすぐりがポンポンポンポンいい感じで入ってくる。
もともと政治的な風刺ネタだが、風刺を超えて笑えるのがいい。この師匠はちょっと困ってる「振り回される男」を演じるのがめちゃくちゃうまい。『茄子娘』とかね。

また仕込みがうまいんだ。落語家「笑福亭しるこ」最後に効いてくるのがまたおかしくて。

仲入り


●まねき猫 朝橘 蘭 スペシャルコラボ

ちょっと画期的な企画。朝橘師が小噺を、 蘭先生が講談のフレーズを語って、そこにまねき猫先生がハメモノのようにものまねを挟む。

ふつうは可愛らしいやつをやって丸く収まるところで、朝橘師はなんと『犬の目』目をくり抜かれるところの 犬の鳴き声っていうのをやってもらって、みんなで可哀想になるっていう(笑)


●神田蘭『織田信長の真実〜四谷怪談』

トリネタの怪談噺に入る前に、最近力を入れていらっしゃる『織田信長の真実』10分ぐらい。講談というよりも講演かな。旧来の織田信長のイメージをひっくり返すようなエピソードの数々。歴史モノとして楽しい。日本が宗教国家にならなかったのは信長のおかげだと僕は思っている。

で、いよいよ四谷怪談。
鶴屋南北の東海道四谷怪談と、講談の四谷怪談はちょっと違うということらしい。

なんというか、ピシッと怖かったですね。 ピシッと怖いなかに、神田派らしいちょっとコミカルで漫画っぽい感じで、さっと空気を入れ替えるために笑いを取っていくようなフレーズを突っ込んでくる、これがまた蘭先生らしくていい。

しっかり怪談を読み切った後に、後味悪いままお客様を返さないということで、よく踊りなんかを入れるわけですが、蘭先生はなんとステージにホワイトボードを導入。
´↓い判颪い董△気蕕帽腓い亮蠅離侫譟璽困魑入。
客席巻き込んで全員でリハをやった上で、ハンドマイクで水前寺清子の『365本のマーチ』を熱唱し。お客は合いの手で参加するという趣向。

蘭先生ちゃんと準備されていて、カラオケがこの趣向に合わせて短く編集されてる。こういうところが大事。

●まねき猫 朝橘 蘭 エンディングトーク

最後に三人でトーク。
ロビーでやってる物販の宣伝も入って。最後までおにぎやかに。


寄席のゆるい楽しさと、フェスのお祭り騒ぎの楽しさの中で、お三方の技術・腕前が楽しめる構成で、で、大満足。
みなさんお忙しいの出揃うのは大変だと思うけど、年二回くらいは定期的にやっていただきたいイベントだと思った次第でございました。

寄席フェス2023


m_shike at 13:12コメント(0)落語 | 講談 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: