2023年06月25日

三人才気煥発 神田連雀亭ワンコイン寄席 2023/06/18


いくら二ツ目の修業の場といったってワンコインは安いよねえ。
TRIPART_0002_BURST20230618123649695
  
会場 : 神田連雀亭

笑福亭希光『茶屋迎い』
瀧川鯉舟『あくび指南』
春風亭昇輔『コールドスリープ』

木戸銭500円


●笑福亭希光『茶屋迎い』

この高座の後に国立演芸場、師匠・笑福亭鶴光の芝居に出演、さらにそのあと自分の独演会。トリプルヘッダー忙しさだという。
『茶屋迎い』は東京の『不孝者』どら息子のお陰で昔の女と再会する噺。大人の色気とほろ苦さがいい。かなり難しい感情表現でも、希光さんはぴしっと決める。かっこいい。

前半、船場の商家を舞台にした滑稽パートもちゃんと笑わせてくれるのがいい。
押し付けてこないのに、ちゃんと気持ちが伝わるのが希光さんの落語たと思う。

前に新宿無何有で聴かせてもらい、もう一度聴きたいと思っていたので、聴けて嬉しかった。

●瀧川鯉舟『あくび指南』

初めて。希光さんについて「次の仕事があるから出番代えてくれという割に、たっぷりやりました」と軽くくさしただけのまくらで、さっとあくび指南へ。

僕は聴いたことなかったけど、多分昔からある型なんだろうな。あくび指南役の武張った感じに個性が感じられて、なかなかに楽しい。
瀧川鯉昇一門はいっぱいいて、全員聴けていないけれど、次から次へと面白い人が出てくる感じがする。

●春風亭昇輔『コールドスリープ』

僕はこの人の『ワンダーマジック』という新作が大好き。今回も期待していたら。いやあ面白かったね。
設定はびっくりするくらいハードSF。昔からある「コールドスリープ」を独自の解釈で見事にドタバタSFに仕立てた。これはもうお見事でしたよ。
しかも落語、ドタバタSFだけど完全に落語。落語でないと成立しないSF。
ほんのちょっと瀧川鯉八師を思い出したけど、似てるということはない。昇輔さんの個性が強くて面白いのだ。これは期待しちゃうなあ。

希光さんの大人のほろ苦い色気、
鯉舟さんの滑稽味あふれる人物造形、
昇輔さんのポップなドタバタSF、
どれも楽しくて、500円はやっぱり安い。神田連雀亭、いいねえ。


m_shike at 22:30コメント(0)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: