『シェアする落語』12月の次は3月

2022年10月23日

文字助のはなし〜立川談志を困らせた男〜(立川談四楼:著)


何度か、桂文字助の落語を聴いたことがある。
幸運なことに。

『笑点』の初代座布団運びだったという話を聞いたのは、ずっと後のことだったと思う。
311659507_181500284452432_2558853091759274106_n(1)




落語『芝浜』の冒頭、まだ日の出にはかなり早い朝。「ちょいとお前さん起きとくれ」
飲んだくれて十日間も仕事を休んでいた魚屋勝五郎は、女房に起こされて嫌々ながら目を覚まし、河岸へと出かける。

「ちょいとお前さん起きとくれ」と女房に起こされても「仕事に行くことなく、ただ飲んだくれていた人」それが桂文字助だと思う。
間違いなく腕は良いのに、仕事を取ることも芸を磨くこともなく、偉い方々をヨイショし、師匠・立川談志を困らせ、あるいは酒に溺れ喧嘩に明け暮れ、妻子に去られ、ますます酒に溺れていった。

でも芸人として、かっこはつけたがった。
落語家としての矜持、いや体面だけで生きていたのだろう。

でも僕は知ってる。高座の文字助師匠は本当にかっこよかった。
なかなか本気でネタを掛けてくれず、漫談に逃げることが多かったけど、まくらで普通に喋っているだけて江戸の匂いがした。トリのときにはがっちり相撲噺を演じてくれた。
惚れ込んだ僕は一時期、師匠の落語会を開きたいと本気で考えたくらいだ。

後に立川流を脱退、落語家としてはほぼ引退状態になり、ボランティアとして近所の公園掃除に勤しんでいた文字助師の「最後の話し相手」だった弟弟子・立川談四楼師匠が、その仰天エピソードをTwitterで連載し、これをまとめた「文字助コンフィデンシャル」は大好評。多くの人が魅了され、ついには文字助師30年ぶりのテレビ出演にまでつながった。

その一つ一つが上質の短編小説として成立していた談四楼師のツイートは、その完成度があまりにも高く、きっとこのまま書籍化されるものと、ファンの誰もが思っていた。

ところが談四楼師はこの「珠玉の短編小説群」にさらに逸話と傍証を加え、再構築することで、その破天荒ぶりばかりがクローズアップされてきた落語家・桂文字助の真実の姿に迫ろうとする。
その過程の中で浮かび上がってきたのは、なんと……。

……あ、ネタバレしそうになったのでこの辺にしておく。

俗な世間が求めるような「古き良き破天荒芸人のエピソード」にはとても収まらない、驚愕と笑いの中に深い味わいを持つこの小説を、ぜひご一読いただきたい。


…それにしても桂文字助独演会なんて企画しなくて本当に良かった。当時はまだ『シェアする落語』も始めていなくて、本当に何も知らない素人だった。下手なことしたら大やけどしていた。

なお、桂文字助師匠については、僕の大好きなこの本
芸と噺と―落語を考えるヒント
松本 尚久
扶桑社
2010-05-20


と、大ヒット作である
赤めだか (扶桑社BOOKS文庫)
立川 談春
扶桑社
2015-12-18

にも描かれている。
『赤めだか』はテレビドラマにもなったけど、桂文字助については全部カットだった。残念だったけど、ま、仕方ないよね。



さらに最近、凄いものが公開された。


柳家小袁治師匠宅の留守電に残された、文字助師匠のメッセージ。
この言葉のキレのかっこよさと、あまりにも我儘なメッセージ。
ああ、桂文字助である。

『文字助のはなし』にも、小袁治師、登場されています。
昔のエピゾードなのに、この音声とだいたい同じ話なのが、凄いところです。



追記



m_shike at 22:00コメント(0)落語 | 書籍 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
落語関係情報
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: