2022年08月28日

夏のサプライズは強烈 立川笑二ひとり会 22/08/24


初めてお伺いする駒込アーリーバード・アクロス。立川笑二さんのひとり会。
Fa7dDJnVsAIzIwI



会場 : アーリーバード アクロス

立川笑二『青菜』
立川笑二『ちむわさわさぁ』

仲入り

立川笑二『死神』

木戸銭2500円


●立川笑二『青菜』

まず、まくらが秀逸。三遊亭はらしょうさんのドキュメンタリー落語を思わせる素材の面白さに、笑二さんの巧みな話術が光る。 『青菜』はシブラクで聴いたことがあり、また聴きたいと思っていたのでラッキー。

ゆるい時間の中で、ゆるくしかし攻撃的なツッコミを繰り出す隠居と、最後にバカのふりをして逆襲する植木屋のやり取りが爆笑を誘う前半が大好き。
後半ももちろん大爆笑。「一度戻る」女将さんもいいよねえ。

「笑い」という意味では笑二さんと立川談吉さんの青菜が好き。

●立川笑二『ちむわさわさぁ』

つい先日のシブラク『しゃべっちゃいなよ』でねたおろしされた自作にして、もう紛うことなき傑作。
いやもうほんとうにこれに尽きる。会話の中にちょっとウチナーグチ混ぜただけでホラー要素が強まるとは。意味がつかめなかったりつかめなかったりが繰り返され、聴き手の不安が強まるからだ。これはもう発明ではないか。
噺の構造がまた秀逸で、積み重ねたトリックがサゲでピタッと決まるのは気持ちいい。ホラー仕立てでありかながらパワフルに笑いを稼ぎ続ける当たりもスパらしい。

繰り返す。これは傑作。

あらすじについては、こちらを。

ちなみにまくらは、前に聴いた「夏休みスケッチ」」のバージョンアップ版で、こちらも面白かった。


仲入り



●立川笑二『死神』

ネタ出し。これはかなり期待していた。はっきり期待を上回った。
怪談噺だと言ったって、すでに筋はみんな知ってるわけですよ。そこに笑二さんは台詞に少しずつ要素を足して、じわじわと物語を拡張していく。「…な人間を見るのが好き」という死神のキャラは自由気ままで『DEATH NOTE』のよう。
蝋燭のシーンで全てが結合し爆発する。主人公の振る舞いは数ある『死神』のなかでももっとも残忍といっていいだろう。仕草落ちも見事で、たるんだところが何一つない。



爆笑古典→ホラー風味の自作新作→死神の流れも素晴らしく。がっつり3席楽しませていただいた。
 


で、残席少なくなってきましたが、まだあります。ご予約よろしくお願いいたします。
10/9 14時開演です。



m_shike at 20:30コメント(0)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
落語関係情報
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: