2022年06月08日

猫に博打を教える 第399回圓橘の会 2022/05/29


今月も門前仲町。三遊亭圓橘師の会。

三遊亭圓橘の会399

会場 : 深川東京モダン館

三遊亭萬丸『豆屋』
三遊亭圓橘『刀屋』

仲入り

三遊亭圓橘『猫定』

木戸銭2500円(予約)



●三遊亭萬丸『豆屋』

今回はまくらも含めて手探りな感じではあったけど、売り声はいい感じだし、二人の乱暴者の描き訳もなかなか巧み。圓橘師によるとこの二人の描き分けが、二ツ目昇進のときの判定基準になるそうだ。

●三遊亭圓橘『刀屋』

ご存知『おせつ徳三郎』の後半。前半の『花見小僧』は苦手なシーンがあってやらないのだとか。うーん、聴いてみたい気もする。
いまではけっこう若い落語家も手掛けるネタだけど、刀屋の人物造形・その味わいは圓橘師ならでは。

仲入り


●三遊亭圓橘『猫定』

むかしこの会で聴かせていただいたネタ。会場から地下鉄ですぐ、回向院にある猫塚の由来。圓橘師のお宅にいた猫さんもこちらに葬られているのだとか。

猫だけにエドガー・アラン・ポーみたいな雰囲気があるサスペンスな噺で、基本怖い話なんだけど、ニヒルな博打打ち(表向きは「魚屋」)の定吉が猫に丁半博打を教えるシーンがいい。
圓橘師の演出がなんとも可愛くて、その可愛さが後の悲劇に繋がるあたりが巧み。
葬儀のシーンも不気味なのにドタバタして、ちょっと楽しいのがいかにも落語らしくてまたいい。




20220607_001

次回はこちら。ついに400回。圓橘師の師匠・三代目三遊亭小圓朝五十回忌。
三味線栗毛、楽しみですねえ。
20220607





m_shike at 09:30コメント(0)落語 | 三遊亭圓橘 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
落語関係情報
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: