2022年01月04日

若手個性爆発 ばばん場プレ公演第4弾 初席虎の巻 2022/01/01(1)


新しい演芸場の誕生とくれば、これは行ってみたいということで、新年早々駆けつけました。

babanba (4)
会場 : ばばん場

三遊亭歌彦『新聞記事』
橘家文太『雑俳』
柳家小はだ『代書屋』
三遊亭青森  漫談と歌
三遊亭遊かり『幇間腹』

仲入り

このあとは(2)
春風亭一花『花色木綿』
柳亭市好『磯の鮑』
三遊亭好二郎『反対俥』
柳亭信楽『変身』

仲入り

橘家文吾『真田小僧』
田辺いちか『安政三組盃 間抜けの泥棒』
春風亭㐂いち『熊の皮』

木戸銭2,000円


「ばばん場」の場所はこちら。

東京メトロ・高田馬場駅の7番出口から出ると近い。
出たら横断歩道渡ってすぐ右、さらにすぐ左。真っ直ぐ歩くと戸田平橋があるので、渡って右手、神田川沿いの遊歩道を進むと、左手に、
20220101_123546_HDR
20220101_123555_HDR
このビルの3Fです。「戸田平橋」を目標にするとわかりやすいです。
20220101_123643_HDR

20220101_123802_HDR
20220101_161629_HDR
椅子はこんな感じ。
あとの情報はこちらで。
ばばん場(instagram)

●三遊亭歌彦『新聞記事』

初めてかな。うん、面白いです。若々しさがいい感じに噺に乗ってる。途中で『翼をください』を歌い出したのには驚いた。なんか上手いし。

●橘家文太『雑俳』

おー、北九州から来た!落語カーにちょっとだけ寄付したぞー。
まくらというか漫談というか、北九州話が面白い。噺に入っても兄弟子の文吾さんいじりまくり、ついにブチ切れた文吾さん乱入して終了。

●柳家小はだ『代書屋』

初めて聴いたけどこんなに楽しい落語やる人だったんですね。おそらく柳家権太楼師の型だと思うけど、いきなりパワフルなバカが楽しい。「せい・ねん・がっぴー!」

●三遊亭青森  弾き語り

いきなり金髪Tシャツ男が登場して「出落ちです」。初席だからと色物を自ら担当したとのこと。膝立ちで自作の曲を披露。この人の新作面白いから聴きたかったんだけどな。

●三遊亭遊かり『幇間腹』

「一花さんの代わりに、芸協から来ました」と登場。
ちょっと色気がベタな気がするけど、受けていた。

仲入り

(2)に続きます。



m_shike at 16:51コメント(0)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
落語関係情報
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: