『シェアする落語』次回は未定です。これまでの歩みについては「シェアする落語  まとめ」で検索!

2021年08月15日

鋭さが楽しさになる #桂春蝶 独演会 二日目  2021/08/14  


春蝶師は大好きなのに、独演会は初めて。
毎年ゴールデンウイーク開催なんだけど、今年はお盆休みに亀戸梅屋敷。

 ら20210814_132221_HDR

会場 : 亀戸梅屋敷

三遊亭鳳月『うなぎや』
桂春蝶『やかん』
桂春蝶・三遊亭鳳月・三遊亭楽花山 トーク

仲入り

桂春蝶『死神』

木戸銭3,000円(予約)


●三遊亭鳳月『うなぎや』

相変わらず押し出しが強めで元気にメリハリが効いている。なので、もう少し受けてもいいんだけどな。

●桂春蝶『やかん』

やっぱりまくらが最高に面白い。上方落語界のことはよく知らないので、あのひとや先代のあの方のお話は楽しくてしょうがない。また話の運びがうまいんだ。もう最初っからドカンドカン。

噺の方は家元・談志のフレーズあり、家元が好きそうなジョークもあり、講談口調になってからはまさに五目講釈・コラージュ講釈で歯切れが最高。素晴らしい。ゲラゲラ笑った。

●桂春蝶・三遊亭鳳月・三遊亭楽花山 トーク

鳳月さんの無謀さ、自意識過剰を春蝶師が手の上で転がす展開。
こういう転がし方もめちゃくちゃうまい。

これに応えるようにナチュラルにボケまくる鳳月さん。大泉洋に似ているけどそんなにイケメンですかね。楽花山さんは仙台四郎に似ているということで。

仲入り


●桂春蝶『死神』

まくらなしですっと噺へ。オリジナルなくすぐりは多いものの、わりとスタンダードな筋立て(上方版ではあるけど)。それだけに春蝶師の演技力が冴えまくり。金で寄ってくる女のキャラなんかいいよねえ。

落ちは冒頭で仕込んだ「主人公の職業」に引っ掛けた型。軽いけど鮮やか。

-----------------------

「象より大きいのはもっと大きい象」というフレーズを聴いて、やっぱり立川談志を思い出したんだけど、コメンテーターとしてテレビに出演した春蝶師もどこか談志風な鋭さがある。

ただ家元のような、鋭さをぶっきらぼうに押し出す(そして可愛らしさで補う)ような形ではなく、鋭さがダイレクトに客にとっての楽しさ・笑いに繋がっている。まず笑ったあとに、おお、これは鋭いんじゃないの?という感じ。時事ネタを扱っても扱わなくても、ちゃんと時代に正面から向き合っている落語家だなと。

また、その鋭さ、切れ味を味わいに行きたいものだ。


春蝶師『看板のピン』僕も大好きです。



m_shike at 23:05コメント(0)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: