『シェアする落語』次回は未定です。これまでの歩みについては「シェアする落語  まとめ」で検索!

2021年07月09日

アイドルグループデビュー曲発表 らくこのブンカpresents ちょちょら組DX 2021/07/03


久しぶりのなかの芸能小劇場。
アイドルグループちょちょら組のデビュー曲発表とな?

20210703_102831_HDR


会場 : なかの芸能小劇場

楽屋一同 しきgirl発表会
立川かしめ 『からぬけ』
三遊亭ぽん太 『夏の医者』
立川こしら 『時そば』

仲入り

柳亭信楽 『めぐみさん』
橘家文吾 『星野屋』

木戸銭2,000円(予約)


●楽屋一同 しきgirl発表会

着流しのちょちょら組四人衆が登場。文吾さんとかしめさんはスリッパ。
そこに特別ゲストの立川こしら師。
四人で歌うのかと思ったら「飛沫が飛ぶので」とCDを流す。
曲?うーん。ま、ある意味アイドルっぽいのかも知れない。「日本には四季がある」だそうです。
というか、曲に合わせて踊ってこそアイドルでしょう。なんでスリッパよ。

こういうときのこしら師のコメントは見事なまでに面白い。

●立川かしめ 『からぬけ』

早着替えなので袴がちゃんと履けていない。というのを見せびらかす。
この噺はかしめさんの得意ネタ、なんだけど、細かいところにちょこちょこ手を入れて更にパワーアップ。
あの「にゃーんだ?」は反則だよなあ。何度聴いても爆笑。

●三遊亭ぽん太 『夏の医者』

珍品担当という、わりとしんどいポジションのぽん太さん、今回も良いチョイス。
田舎ののどかな雰囲気がきちんと描けているし、人物もしっかり滑稽に仕上げているので、いい気持ちになりながら笑える。お上手。

●立川こしら 『時そば』

まくらはもちろんめちゃくちゃ面白い。いつもの「皐月の鯉の〜」から、なんと時そば。
そば屋のオヤジが「もうすぐ夏ですけど、いいんですかい」と。
これだけでも面白いのに、なんと、噺が飛んだ。
なんとか噺に戻ろうともがき苦しむ姿が最高に面白い。客席が波打って大笑い。
なんとか話に戻れて、そこからも爆笑の連続なんだけど、やはり前半の苦闘が最高でしたな。

仲入り



●柳亭信楽 『めぐみさん』

信楽さんの新作は外れがないなあ。
怪談仕立てにして、怖くなるのかなと思ったら大爆笑の仕掛けが乗っかってくる。「幽霊が迫ってきて、何故か遠ざかる」このアイディアは素晴らしい。
そんでもって、オチはちゃんとホラー。
とにかく噺として整っていて完成度が高い。ギミックをしっかりストーリーにはめ込んでいるところがいい。

●橘家文吾 『星野屋』

「われわれ『ちょちょら組』は古典・新作・珍品・改作。さらに今日は新たにこしら師匠の「あやふや」」ぶははは。
ちょっと声を作り過ぎのような気がするけど、なにより歯切れの良さが聴き心地の良さにつながっている。

アイドル仕立てはまあシャレで、落語はそれぞれ四人四様それぞれに楽しい。それぞれに引き出しが多いので飽きない。全メンバーがもっと聴いてみたいと思わせるのがすごい。

そして立川こしら師匠。ありとあらゆる意味で最強。とにかく笑いたいと思ったらこの師匠だよなあ。

20210703_125720_HDR



m_shike at 08:30コメント(0)生落語感想  このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: