『シェアする落語』次回は未定です。これまでの歩みについては「シェアする落語  まとめ」で検索!

2021年06月06日

3球目に変化球 談吉百席 第四十二回 #立川談吉 2021/06/05


としま区民センターに会場を移して2回目の談吉百席。
いつもと違った楽しさがありました。

20210605_182442_HDR
会場 : としま区民センター小ホール

立川談吉『つる』
立川談吉『青菜』

仲入り

立川談吉『僕の影が君を選んだ』(作:ナツノカモ)

木戸銭2,000円


●立川談吉『つる』

なぜか『前座の上がり』が掛かる。
途中ぶちっと切れていつもの『梅が枝の手水鉢』に。
このハプニングをうまくまくらで回収して、立川志の春師の真打昇進披露興行のお弁当の話などで温めつつ「真打になるまでにはいろんなネタを覚えなければいけない」と、まだ持ってなかったという前座噺を披露。

これが良かった。いろんな人がいろんなやり方で面白くやってるこの噺を、いかにも談吉さんらしいくすぐりで味付けしつつ聴かせてくれた。老人は「爆発」ではなく●●。

即戦力ネタ。どこでも使えそう。 

●立川談吉『青菜』

続いては「談吉・夏の定番」と呼びたいネタ。
もうすっかり出来上がってる。
まず前半、隠居がゆるーい空気のままシュールなボケをかますのが可笑しい。植木屋がびっくりするのがまた可笑しい。

後半のおかみさんにガサツな感じがなく、品よく優しく亭主をませっ返すのも談吉テイスト。
「青菜、嫌れえだよ」と言われたときの植木屋の顔が、またたまらない。落胆が強烈すぎる。

後でご本人に聞いたら「一応出来上がった気もするので、今度はどっか壊してみたい」なるほど。
でも夏しかできないから、まだ先の話かな。

●立川談吉『僕の影が君を選んだ』(作:ナツノカモ)

この会では、自作の新作を掛けてるときにはたいてい仲入り前なんだけど、今回のナツノカモ作品はトリネタに持ってきた。
ご本人曰く「このネタを掛けた後に古典は掛けられないと思ったから」と。聴いてみて納得した。

大半が若い男女の会話で構成させれる噺で、男が女に、自分の影にまつわる奇妙なエピソードを語る形で展開していく。最初のほうで僕は「あ、『ピッケル』(作:立川談吉)の二人にまた会えた」と思った。

ある意味これは、新作の作り手・立川談吉に対するリスペクトが込められた作品なのかなあと。
(ちなみに、ちょこっと出てくる子供は、談吉さんがときどき掛けるナツノカモ立川春吾時代の作品『お化けの気持ち』を思わせる)

といっても、全体に流れる不思議な空気感はまさにナツノカモ落語。
特にこれといった起伏もない展開のなかに、客の心はじわじわと絡めとられていく。
感情表現が極端に抑えられた会話から引き起こされる聴き手の感情は「楽しい」「淋しい」「懐かしい」「違和感」と、たぶん人それぞれで、でも「いま同じ噺に浸っている」という気分はしっかりとつながっている。

落語としてはとても新しい。
とても新しいけど、間違いなく『落語』なのだ。

で、確かにこのネタの後に古典落語はやりにくい。
どうしてもというなら間に太神楽か曲独楽でも入れて、空気の入れ替えが必要だ。トリネタにしたのは正解。

いままで談吉百席を彩ってきた『ピッケル』『仏四噺』『生モノ干物』『シロサイ』『当たりの桃太郎』などの談吉新作も相当にぶっ飛んでるけど、次に古典が出てきてもそんなに問題はないように思える。
この違いは何なんだろうね。立川かしめさんのナツノカモ落語『絵うさぎ』もトリで掛けてたもんなあ。なんというか、聴き終えた後の余韻が違うんだよなあ。

もちろんまた聴いてみたいけど、この噺を掛けるのに相応しいプログラムがちょっとすぐには思いつかない。シブラクのトリというのは安易な思い付きだね。立川流の広小路亭夜席のトリあたりも意外といいかもしれない。真を打ったらご検討いただきたい。

いつものパターンをちょっと変えて、前半は爆笑古典二席、三席目にナツノカモ作品を持ってきた談吉さんの配球の妙に頼もしさを感じるとともに、いつもと違う空気の作品に挑んだことで、立川談吉という落語家の可能性がまたひとつ広がった気がした。

次回は、たぶんとっても暑いはずの8月です。
ぜひ。
談吉百席 第四十三回 #落語 2021年8月6日


20210605_210251_HDR


m_shike at 20:30コメント(2)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

1. Posted by taiko   2021年06月06日 23:10
昨夜の談吉さんの"談吉カモ席"の
僕の影は君を選んだ

素敵なお噺でした

四家さんの感想の中にありました
「立川談吉に対するリスペクトが込められた作品」

私も、カレーを作る際のかくし味に
チョコレートを入れるくだりの部分で

ナツノカモさんは談吉さんの事を
よく知っているし大好きなんだな

と、思いながら
きっとこの作品はリスペクトされた物なんだろうなあと思いました^_^

※昨日、志らぴーさんへ提出すべき
アンケートを^^;回収して頂き
ありがとうございましたー。


2. Posted by 4k   2021年06月07日 01:31
>>1
ご来場&アンケートご回答ありがとうございました。
今回は当日の仕事はほとんどしなかったのでアンケートいただけてちょっと嬉しかったです。

談吉新作には恋人・夫婦の会話が多く出てきますが、若い二人の会話劇である『ピッケル』にフォーカスしたあたりが、ナツノカモ先生の談吉さんに対するリスペクトだなあと思っています。

カレーにチョコレートも良かったですよね。

ご来場ありがとうございました。またぜひ遊びに来て下さい。よろしくお願いいたします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: