『シェアする落語』次回は未定です。これまでの歩みについては「シェアする落語  まとめ」で検索!

2021年01月16日

この大変な年の最後に素晴らしい一席 亀戸梅屋敷寄席 主任:三遊亭圓橘 2020/12/29 


いやあ、2020年最後の落語が本当に素晴らしくて。IMG_20201229_125212_890
会場 : 亀戸梅屋敷

三遊亭楽太『寄合酒』
三遊亭好二郎『星野屋』
三遊亭円福『尻餅』

仲入り

三遊亭楽大『時そば』
三遊亭圓橘『二番煎じ』

木戸銭1,000円


●三遊亭楽太『寄合酒』

昭和30年代からタイムスリップしてきたとしか思えない。令和に来て観るたびにうまくなってる恐ろしいティーンエイジャー。

●三遊亭好二郎『星野屋』

代演。歌舞伎『星野屋』を観に行った話から、芝居と落語の尺の違いに触れつつ噺へ。スピーディで楽しい高座だが、やや急ぎ過ぎだったかも。

●三遊亭円福『尻餅』

悪くないと思うのだが、ときおり聴こえる舌打ちのような音が気になる。

仲入り

●三遊亭楽大『時そば』

この大変な年に真打昇進。大変だったろう。明るくてちゃんとしてるんだけど、まだ伸びしろあると見た。

●三遊亭圓橘『二番煎じ』

何から書けばいいのか。圧巻の高座。
夜回りの寒さ。火の用心の声と唄。火と酒と鍋の暖かさ。寒空に煌めく星から燗酒の湯気まで見えてくる。
そして、みんな揃ってゆるくいい加減な男たちの台詞がまたいい。

なんども聴いた噺で爆笑できる幸せを、年の暮れに味わえる喜び。たまりません。
疫病のせいで生で落語に接する機会が激減した2020年。
その最後に最高の落語を楽しめた。圓橘師に心からお礼申し上げたい。

これで1,000円は安すぎ。いくらなんでも。


20201229_125759_HDR 
20201229_152939_HDR


m_shike at 19:38コメント(0)落語 | 三遊亭圓橘 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: