2020年09月27日

この秋 初めて冬を感じた 寸志ねたおろし 2020/09/26 #立川寸志


少し肌寒くなったので、このネタはおあつらえ向きというやつ。
20200926_180416_HDR
会場 : お江戸日本橋亭

立川寸志『蜀山人』
立川縄四楼『やかん』
立川寸志『幽女買い』

仲入り

立川寸志『うどんや』

木戸銭1,500円(予約)


●立川寸志『蜀山人』

「きょうはそんなに長いネタはありませんから」まくらで笑いを取ってから、家元・立川談志の録音で聴いたことがあるこの噺。味わい深い寸志さんの地語りが楽しめる。後半、初鰹を持ってくる魚屋もいい。
『紫檀楼古木』もそうだけど、狂歌師の噺は大人の余裕があって、僕は大好き。
俳句がお上手な寸志さん、狂歌を読み上げる調子がまたいいんだ。「やるたびしくじるトラウマ噺」とパンフに書いてあったが、前はいったいどこをしくじったんだろう。

●立川縄四楼『やかん』

うーん、怒鳴ってもなあ。

●立川寸志『幽女買い』

こちらも家元の録音で聴いたことがある噺で、そもそも家元が小噺から仕立てたものであることを、この日のパンフで知る。さらに工夫を加えた立川談慶師から寸志さんは教わったと。

江戸版の地獄八景みたいな噺だが、江戸っ子らしい調子の良さと地口の楽しさがいい。寸志さんにも合ってるし、珍品扱いは惜しい噺だと思う。
立川談吉さんにも似合いそう。

仲入り


●立川寸志『うどんや』

客電を落として、ちょつと夜の雰囲気を出していた。
『蜘蛛駕籠』みたいなアラクマサン(酔って同じ話を繰り返す人)が引っ張る前半では「蜀山人とついてる」などと、言わなくていいことを混ぜつつ、炭に手をかざすところでまずグッと来る。
ふつふつと熾る赤い火が見えるようだ。

子供を寝かしつけた母親の台詞にすら冬の夜を感じる。
小さな声で喋る最後の客とのやり取りで寒さと暗さ、ほのかな明るさすら見えてくる。鍋焼きうどんはうまそう。そして秀逸な落ちもいいサゲ加減で。

五代目小さんは、実はそんなに好きじゃないし、そんなに聴いてもいないけど、この噺だけは大好きなので、聴けて嬉しかった。

時節柄お見送りはとりやめ。外に出てみると、さして寒くはない。まだ9月だ。

でも今夜、僕は感じたのだ。
この秋、初めての冬を。

寸志ねたおろしチラシ


m_shike at 22:40コメント(0)落語 | 立川寸志 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: