2020年08月23日

乗ってる小太郎 神田連雀亭 ワンコイン寄席 2020/08/23


再開後初めての神田連雀亭、高座前のアクリル板、すごいね。


20200823_112232_HDR
会場 : 神田連雀亭

三遊亭遊かり『のめる』
立川らく人『干物箱』
柳家 小太郎『粗忽長屋』

木戸銭500円


●三遊亭遊かり『のめる』

前に聴いたのが前座のときだった(配信では観ている)。「師匠・遊雀から『ネタおろしのときは良いお客さんの前でやりなさい』と言われてましたので、今日はネタおろしで」と。かなり仕上げてありました。隠居さん除く二人のやり取りでもう少し人物描き分けてほしいけど、これからですね。多分。

●立川らく人『干物箱』

「師匠は"○○しぐさ"でおなじみの立川志らくです」ぶはは。順調に成長中のご様子で、本日も楽しませていただきました。ただ伸びしろはまだいっぱいあるかもね。

●柳家 小太郎『粗忽長屋』

大喜利番組の配信で久しぶりに顔見て以来、ずっと聴きたかったんだよ。
久しぶりの「座布団座ったらダブルピース」が懐かしかった。

第一声から、ぐっとハートを掴んでくるような、躍動感ある語り口がとにかく嬉しい。
しかもしっかり大ネタで、躍動そのままにポンポンと笑いをかっさらっていくあたりがかっこいい。軽くやってるように見せて、これは多分、時間をかけて培った技術の賜物。

真打昇進も決まって、乗っている、充実しているのだろう。昇進と言っても、ご時世は全くの逆風だ。そんな中でも小太郎さんなら飄々と困難を飛び越えていきそうだ。
ぜひ、そうなってほしい。

それにしても、神田連雀亭という場がきちんと続いていることが、本当に素晴らしい。関係者にお礼申し上げたい。

m_shike at 20:30コメント(0)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: