2015年04月20日

子別れ師弟リレー 第330回圓橘の会 2015/04/18 #三遊亭圓橘


弟子の萬橘師真打昇進の時に聴かせていただいて好きになったので、ものすごく久しぶりになってしまった圓橘師の高座。しかし330回目って素晴らしいですね。




会場がまたいい。昭和7年に東京市営食堂として開業した建物「深川東京モダン館

三遊亭橘也『子別れ(上) 強飯の女郎買い』
三遊亭圓橘『子別れ(中) 合わせ物は離れ物』

仲入り

三遊亭圓橘『子別れ(下) 子は鎹』


●三遊亭橘也『子別れ(上) 強飯の女郎買い』
ちょっと気負ったかなー。酔っぱらって大声出すところなんか力入りすぎというか。
悪くない出来だと思いますが、もっと力抜いたほうが気楽な感じは出るんじゃないかな。


●三遊亭圓橘『子別れ(中) 合わせ物は離れ物』
いやもうさすがの語り口。詳しくは(下)で。
 
仲入り

●三遊亭圓橘『子別れ(下) 子は鎹』
どうもこの噺が好きじゃなかった。あまりにもお涙ちょうだい予定調和というか。
ところが圓橘師の語り口で、噺が蘇ったように感じた。
これが江戸前なんだろうか、実にさっぱりと、丁寧で、行き過ぎた演出は皆無。
変に長い間を取ったりもしない。
それでいて笑えるところもちゃんと用意されていて客を心地よく揺らしながら離さない。
しっかり噺の芯棒は通しながら、抑制の利いたベテランの芸。

堪能しました。

もっとちゃんとした解説が欲しい方はこちらをどうぞ。
石井徹也先生です。

2015/04/18|石井式落語のブログ 




 330回圓橘の会


m_shike at 23:20コメント(0)落語 | 三遊亭圓橘 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: