立川左談次

2016年11月12日


この三人で1000円は安いでしょ。
商店街の後援のおかげらしい。
IMG_1382
謝楽祭での馬るこさん。

寺脇研 ご挨拶
立川談吉『野ざらし』
鈴々舎馬るこ『時そば』
立川左談次『がん病棟の人々』

仲入り

寺脇研 解説 
鈴々舎馬るこ『井戸の茶碗』

続きを読む

2016年09月22日


しばらく顔出してなかったシブラク。左談次師目当てで。



瀧川鯉斗『反対俥』
桂春蝶『看板の一』
立川左談次『癌病棟の人々』
古今亭文菊『心眼』
 続きを読む

2016年05月05日


桂文我師の『落語「通」入門』を再読していて、面白かったことが。


江戸落語中興の祖・初代烏亭焉馬。
相生町の大工の倅として生まれた焉馬は、五代目市川團十郎の贔屓で、のちに義兄弟にもなる。
相生町を流れている竪川という川にちなんで、"立川談州楼(談州樓)焉馬"となる。

これが「立川」の始まり、と考えると。

立川談志の弟子が

談十郎(とがめられて談十 のちの土橋亭里う馬師)・左談次・談四楼

と歌舞伎の市川宗家(成田屋)にちなんだものになっているのも、焉馬からの流れなのだなあと。

談志師には焉馬を、小三治師は談州楼燕枝を継いで欲しかったなあと思っている人はいるんだろうね、たぶん。




2016年02月26日


ツイートで呼び込まれちゃった。
R0024675

ものすごく久しぶりに、病気以外で有休取得。

平日昼席は久しぶり。
立川流日本橋亭は初めて。

予約入れれば1,500円。

立川笑坊『初天神』 
立川寸志『のめる』
立川志のぽん『権助魚』
立川左談次『錦の袈裟』

仲入り

立川志の八『花色木綿』
立川談修『看板のピン』
立川志遊『妾馬』

 続きを読む

2016年02月14日


談奈改めて立川左平次。
その披露目の面子は豪華で。豪華で。


立川がじら『狸札』
立川談修『一目上がり』
立川談笑『時そば』
立川談慶『金明竹』
立川ぜん馬『長屋の花見』
立川左談次『山号寺号』

仲入り

口上 談修(司会)・談笑・左談次・左平次・ぜん馬・談慶
馬鹿よ貴方は 漫才
立川佐平次 『湯屋番』

 豪華すぎたかなぁ。続きを読む

2015年05月31日


立川流の会には良く行くのに、なぜか行ったことがなかった国立演芸場の立川流落語会、初参戦。


立川流落語会 千秋楽。

立川だん子『真田小僧』
立川寸志『馬のす』
立川三四楼『金明竹 名古屋弁』
立川キウイ『反対俥』
立川左談次『骨は折っても心は折らぬ』

仲入り

立川生志『お菊の皿』
立川談之助『選挙あれこれ』
立川文志『字漫噺』
立川談四楼『ぼんぼん唄』
 続きを読む

2014年05月07日


連休中の落語は数あれど、僕らは浅草へ。
image


立川笑笑 『狸札』
立川談吉 『置泥』 
立川談奈 『子別れ』 
東京ダイナマイト 漫才
立川左談次 『宗論』 
仲入り

ミッキー亭カ−チス 『あくび指南』 
立川談奈 『ねずみ』
続きを読む

2013年12月15日


東洋館久しぶり。
今年は確か春もやったよね。年末恒例ダンナさん会。
浅草ダンナさん会


立川笑二 『真田小僧』
立川談奈 『元犬』
瞬間メタル コント
立川左談次 『饅頭怖い』

仲入り ここで4kは退出

(モロ師岡)
(立川談奈  『片棒』) 

 続きを読む

2013年12月07日


かつて正岡容先生がお住まいになり、小島貞二先生がお住まいになり、なんと鈴本があった市川は、落語文化の濃いところなんですぜ。
image


立川志ら鈴『狸の札』 
立川志獅丸『替り目』 
仲入り

立川こはる『真田小僧』
立川左談次『阿武松』

 続きを読む

2013年05月03日


雷5656会館、初めて。浅草では歴史ある小屋らしい。

image
 
チラシ、ゲストばかりで誰の会だかよくわからない。
それはどうかと思ったけど。
 
立川寸志『無学者(魚根問)』
立川談吉『孝行糖』
立川談奈『紙入れ』
Wコロン『漫才』
立川左談次『幇間腹』

仲入り

内海桂子『漫談』
立川談奈『藪入り』
いい会でした。続きを読む

2012年12月16日


ホントは行く予定なかったんだけど、どうしても行きたくなって成城ホール。
談笑師には間に合わず。

image

(立川志らべ?)
(立川談笑『堀之内』)
  
立川談四楼『人情八百屋』 (※途中から入場)
立川左談次『長短』
立川志らく『金明竹』(アメリカ人バージョン)

仲入り

『口上』
談笑(司会) 談四楼 こしら 志らく 左談次 

立川こしら『御神酒徳利』
image

続きを読む

2012年12月01日


前回打ち上げまで含めて大変楽しかったです。今回も土曜日なので行きたいのですが別件アリ。行ける人は是非楽しんでください。

続きを読む

2012年11月29日


今年は出張重なっていけないのだなあ。
asakusadanna
あした順子先生と踊るのは、談吉さん?前座の誰か?続きを読む

2012年11月28日


始まったばかりの立川流新宿亭。豪華メンバーですがお客の入りが気になります。
こちら夜の部。続きを読む

2012年11月07日


NHK新人演芸大賞の本選で、はじめて春風亭ぴっかりさんを聴いた。
軽く驚いたのは出囃子。

『あの町この町』

現在は立川左談次師匠の出囃子として知られているが、もともとは家元・立川談志が若いときに使っていた曲(のちに木賊刈に変えた。真打昇進時か)。

中山晋平作曲の童謡である。


ね、童謡なんです。

頭の中ではすっかり左談次師のイメージなんだけど、ぴっかりさんの出囃子としても悪くない。不思議なもんだ。

続きを読む

2012年10月09日


なまらくさんの顔付けはいつもいい。
 
立川流のベテランが集まる会というとどうしても「談志追善」と題したくなるところで、あえて「立川流ビギンズ」とした心意気はいい。追善は他でやってるんだしね。
o0800109712058624430

日本橋社会教育会館ホールは初めて来た会場だけど、しっかりと傾斜があり、なかなか観やすいし音もいい感じ。

立川寸志『子ほめ』
立川龍志『片棒』
立川談四楼『濱野矩之』

仲入り

立川ぜん馬『掛け取り』
立川左談次『(品川心中と根多帳には書いておく噺)』
続きを読む

2012年10月03日


これは行きたい。左談次師匠、もう一回、阿武松やるかな?
続きを読む

2012年09月23日


談吉さんが入って三人となり、一門会の開催と相成りました。めでたい。 sadanji_ichimon
立川談吉『よかちょろ』
立川談奈 『勘定板』
立川左談次 『阿武松』
続きを読む

2012年09月19日


伝説のボードビリアン松鶴家千とせ先生と左談次一門が競演。木更津かあ。
続きを読む

タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント