柳家小団治

2012年07月01日


かつて仕事がらみでお世話になっていたブロガーの方々とチャットしていたら「落語に興味がある」という方が何人も出てきたので、じゃあ行きましょうかと。
代演だらけ

昨年、勤め先で実験してみて分かったことだけど、初めて生の落語を聴く方を連れて行くのはとても難しい。
でも今回は日程の都合もあり、あまり悩むこともできずに末廣亭に。

小三治師の代演、さん喬師でした。これはラッキー。
前から四番目に着席。まずまず。

新宿末廣亭6月下席・夜の部(落語協会)
途中18時から(2200円)

柳家小袁治『長短』
柳家はん治『ぼやき居酒屋』
江戸家猫八・小猫『動物物まね』
柳家禽太夫『ちりとてちん』
柳家小団治『蛙茶番』

お中入り

桂ひな太郎『六尺棒』
大瀬ゆめじ うたじ『漫才』
五街道雲助『豆屋』
柳家小燕枝『小言念仏』
鏡味仙三郎社中『太神楽』
柳家さん喬『船徳』


続きを読む

2011年08月29日


会社でいろんな人と話していると、どうも「生で落語を聴いてみたいと前から思っているけど、なんか踏み切れない」という人が多いことに気がついた。

じゃあ僕が引率するから、みんなで落語を聞きに行きましょう。

さてどこへ行くべきか。いろいろ考えた上で、この「池袋演芸場8月下席 昼の部」にしてみた。
3b242a24.jpg


理由は
・チケットを押さえるのはいろいろ面倒である。
・池袋演芸場は小さくていい感じである。
・マイクを通さない生の声が聴ける。
・林家正蔵が、テレビと高座でどう違うのか比較することができる。
・柳家三三は、たぶんやってくれる。
・いきなり立川流は辛い(色物がない)。

といったところ。社内で公募したところ、驚きの6人参加。
その多くは落語初体験。中には「落語久しぶり」の方も。

張り切って開演2時間前に行ったら誰も並んでなかった。おかげで座席も狙い通りの「中央前から2列目3列目」を確保。

あとで聞いたのだが、正蔵・三三交互にトリをとるこの芝居、池袋8月下席昼の毎年恒例になっているらしく「ぽっかぽか寄席」という名前もあるという。そんなのどこにも書いてなかったけど。顔つけも二人で決めているのだそうだ。

続きを読む

タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント