林家種平

2009年03月28日


今日はラジオ番組の収録です。
スタジオに置いてあるギターを弾いてみました。
久しぶりに弾いてみたけどやっぱり音楽は最高だね。
らぶ平も昔レコードデビューしていたこと知っている人はいるかな?

人生50歳からがいぃんじゃない! | ギターは最高!



ええ、知ってますよ。

少女ふれんど


左から立川寸志、いまの立川談四楼師。小説やエッセイもこなす「落語もできる作家」。『師匠!』『石油ポンプの女』『シャレのち曇り』など好きな作品が多い。
続いて林家種平師。あんまり知らない。
その隣が林家公平、いまのらぶ平師だ。当時は落語界のジュリーって呼ばれてたんだってね。借金問題で根岸を破門になり「林家」が名乗れなくなっちまってる。札幌でラジオやってるんだそうだ。有名噺家の某さん曰く「落語界最高の嘘つき」。
最後が柳家ほたる、いまは柳家権太楼師、この前『佃祭』聴いてきたよ。凄くよかった。

このシングル『ぼくの新しい誕生日』作詞・福地泡介・作曲は泰葉。

あ、らぶ平はその後バンドもやってたんだ。

ふーん。

タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント