春風亭柳好

2016年05月30日


芸協・円楽一門会・上方と面白い組み合わせ。圓橘師目当てにして国立演芸場。




笑福亭希光『動物園』
三遊亭愛楽『猿後家』
春風亭柳好『お見立て』
三遊亭圓橘『茶の湯』

仲入り

桂雀三郎『帰り俥』(作 小佐田定雄)
檜山うめ吉  俗曲 踊り(潮来出島)
三遊亭遊三『子別れ(子は鎹)』 
続きを読む

2014年08月13日


新宿末廣亭に行ってみたい。
春風亭昇太師匠を聴いてみたい。

という方がいたので、ご一緒に夏休みの寄席見学。

image

良席確保のために昼の部のアロハマンダラーズから入場。
故・三遊亭右紋師の遺影が切ない。音はいいです。小柳枝師いい喉ですなあ。
(撮影許可が出ていたらしくスマホで撮る人がちらほら)

というわけで前座から。

三遊亭遊かり『穴子でからぬけ〜他行』
春風亭昇吉『安いお店』
ナイツ 漫才
桂米多朗(代演)『たがや』
春風亭昇乃進(代演)『シャレ社長 』
宮田章司  売り声
三遊亭遊吉『三年目』
桧山うめ吉 俗曲〜三階節(三界節) 品川甚句 梅は咲いたか 新土佐節 踊り(茄子とかぼちゃ)〜
三笑亭夢太朗『替り目』
三遊亭遊三『火焔太鼓』

仲入り

春風亭柳太郎『おかえり』
Wモアモア 漫才
春風亭柳好 『看板のピン』
三遊亭小遊三 『錦の袈裟』
ボンボンブラザーズ 曲芸
春風亭昇太 『花筏』
続きを読む

2013年09月23日


瀧川鯉朝師匠、渾身のプロデュース。
richoh
このチラシも、上方ゲスト呼んだのも自腹らしいよ。

【大拡散希望】末廣亭九月下席「ちょっぴりちがう寄席」の真意と内容|瀧川鯉朝ブログ 鯉朝のすいぞくかん 

瀧川鯉○ 『小町』
春風亭柳若 『寄合酒』
マグナム小林 『バイオリン漫談』
瀧川鯉太 『ぜんざい公社』
三笑亭夢花 『ドクトル』
新山真理 『漫談』
桂歌助 『都々逸息子』
三遊亭笑遊 『無精床』
ぴろき 『ギタレレ漫談』
春風亭柳好 『お菊の皿』
桂文治 『鈴ヶ森』

三笑亭夢吉 『あたま山』
コント青年団 『コント』
桂三金 『奥野君の幽霊』
三遊亭遊史郎 『ちりとてちん』
ボンボンブラザーズ『曲芸』
瀧川鯉朝 『竹の水仙』
 image
続きを読む

2012年05月05日


さて今度は夜の部、真打昇進披露。
芸協の昇進は5人。そのうち春風亭柳城 と笑福亭里光のふたりが登場。
上方には現在真打制度がないので、里光は戦後初の上方落語家真打となる。

なんでこうなったかというと、笑福亭鶴光師が落語芸術協会に加盟し東京の寄席に出るようになったからで、里光師 は芸協の落語家として東京の寄席で修業したわけです。

52e2336d.jpg
 949ef9f6.jpg
春風亭吉好(よしこう) 『子ほめ』
笑福亭羽光『(本の噺)』
Wモアモア 漫才
春風亭柳之助『荒茶』
桂平治『源平盛衰記(木曾義仲)』
北見マキ 奇術
柳亭楽輔 『鰻屋』
春風亭柳好『のっぺらぼう』
東京ボーイズ 漫謡
春風亭鶴志『手紙無筆』
三遊亭小遊三『六尺棒』

お中入り

壽 真打昇進披露 笑福亭里光 春風亭柳城

春風亭昇太 司会
三遊亭小遊三 副会長挨拶
笑福亭鶴志 挨拶(上方演芸協会)
春風亭柳好 師匠挨拶
笑福亭鶴光 師匠挨拶
桂歌丸 会長挨拶
三本締め
 並び順 昇太 鶴光 里光 柳城 柳好 鶴志 歌丸


笑福亭里光『十徳』
春風亭昇太『短命』
笑福亭鶴光『試し酒』
ボンボンブラザーズ 曲芸
春風亭柳城『お菊の皿』

続きを読む

タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント