春風亭一朝

2020年01月13日


ニ之席はいいよね。
お正月の華やかさと、じっくり聴ける豪華な顔付けと。
初席は芸人も客も多すぎてねえ。

ということで、今回は寄席を体験してみたいというご希望を頂いたので、お連れしました。
20200113_105416_HDR
会場 : 上野鈴本演芸場

柳亭市松『牛ほめ』
春風亭一左『真田小僧』
伊藤夢葉 奇術
三遊亭歌司『小言念仏』
古今亭志ん輔『酔っぱらい』
笑組 漫才
三遊亭歌奴『新聞記事』
柳亭燕路『粗忽の釘』
立花家橘之助  浮世節
古今亭文菊『権助提灯』

仲入り

翁家社中 太神楽
三遊亭白鳥『アジアそば』
柳家小袁治『紀州』
春風亭一朝『芝居の喧嘩』
林家二楽 紙切り (羽付、土俵入り、炎鵬)
春風亭一之輔『お見立て』
木戸銭3,000円
続きを読む

m_shike at 23:11コメント(2) この記事をクリップ!

2018年08月18日


一之輔師をどうしても聴きたくなって、上野へ。




会場: 上野鈴本演芸場

柳家り助『二人旅』
春風亭一蔵『鷺とり 一之輔の由来』
鏡味仙三郎社中 太神楽曲芸
三遊亭歌奴『都々逸親子』
古今亭志ん輔『紙入れ』
ホームラン 漫才
三遊亭天どん『反対俥』
春風亭一朝『片棒(銀まで)』

仲入り

のだゆき
 音楽
柳家甚語楼『町内の若い衆』
林家正楽 紙切り(相合傘・ふるさと・鍾馗様)
春風亭一之輔『百年目』
なんとなくリンク入れてみました。続きを読む

m_shike at 20:30コメント(2) この記事をクリップ!

2016年01月11日


落語にご興味あれば、是非。

 
ダ・ヴィンチ 2016年2月号

KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-01-06)
続きを読む

2012年04月01日


休日はチケット売り切れているかもしれないので、平日に駆け付けてしまった。
まあこの日はもともと有休取るつもりだったんだけど、会議があるというので一応出社して、職場から鈴本へ。

5bd92f97.jpg

 右側の前から2番目をゲット。太鼓をたたく前座が見える。
「後ろ幕」(高座後ろの幕)は「日本橋女学館卒業生」?
三遊亭金兵衛『反対車』
春風亭勢朝『紀州』(落語協会編)
ロケット団『漫才』
春風亭正朝『祇園祭』
鈴々舎馬風『漫談』(おもに歌)
林家正楽『紙切り(相合傘・花祭り・不知火型土俵入り・春風亭一之輔・弁慶・虎)』
柳家喬太郎『夜の慣用句』
三遊亭円歌『漫談』
春風亭一朝『湯屋番』

仲入り

喬太郎(司会) 木久扇 一之輔 一朝 馬風 円歌(並び順)『真打昇進披露口上』
鏡味仙三郎社中  太神楽曲芸
林家木久扇『彦六伝』
柳家小菊 粋曲
春風亭一之輔『不動坊』

続きを読む

m_shike at 18:09コメント(0) この記事をクリップ!

2012年03月17日


テレビ朝日『落語者』に感謝したいことの一つは、僕に古今亭菊志んを教えてくれたこと。
ファンキーで軽快な『天災』『祇園祭』には圧倒された。

 昨年末、池袋演芸場でやっと生で観ることができた。良かった。
らくごカフェの企画『東京マンスリー』にいつか行くつもりで、なぜかいつも都合がつかなくて残念だったので、今回鈴本のトリと聴いて、一も二もなく駆けつけた。

鈴本三月中席

入船亭 ゆう京『子ほめ』(前座)
柳家緑君『金明竹』
林家二楽『紙切り』(桃太郎・助六・花祭り・宝船)
古今亭菊太楼『真田小僧』
柳家はん治『ぼやき居酒屋』
アサダ二世『奇術』
春風亭一朝『芝居の喧嘩』
隅田川馬石『王子の狐』

仲入り

柳亭燕路『だくだく』
林家正雀『豊竹屋』
翁家和楽社中『太神楽曲芸』
古今亭菊志ん『愛宕山』
続きを読む

2011年11月28日


新宿末廣亭
会社の人を落語に連れていきましょう企画の5回目。前に好評だった喬太郎師が末広の主任とのことで設定したのだけど、当日に3人の不参加が出て今回も3人で行くことに。しかしこれは幸いだった。

というのは。

末廣亭は昼夜入れ替えなしなのですな。喬太郎師がいかに人気があると行っても、早めに行って並べば、グループで行ってもまとまって座ることができる。しかし入れ替えなしの夜の部は並べないのよ。

ということで、16時に入場してみたのだけど、桟敷しか空いていない。ここでヒザと昼トリを観て、入れ替わりで椅子を確保する作戦に出た。

何とか3人分は確保できたがこれ以上は無理だった。

というわけで、昼の部のヒザからです。
続きを読む

2011年11月19日


落語協会の「東日本大震災復興支援寄席」として行われたこの企画、新宿末廣亭の夜の部が21時にはねたあと、土曜日なら二つ目が深夜寄席をやる時間帯での開催。

この時間の寄席で真打が演るのは珍しい。
逆に、平日の寄席にはなかなか行けないサラリーマンでも楽しめるわけだ。

ということで「職場の同僚を寄席に連れていく企画」の第四弾としてて、行ってまいりました。木戸銭1000円はそのまま義援金になるそうです。

ae2d2883.jpg


466a46aa.jpg

続きを読む

2009年12月23日


メモ程度に。


柳家おじさん 子ほめ
 今年入門も 32歳だそうで ふつうに前座。

三遊亭玉々丈 からぬけ
 おお二つ目になった。めでたい。夏の実験落語会では前座だった円丈の弟子。また麻薬ネタ降ってきたので自作「マンモスヨタピー」やるのかなとおもったら、同じ与太郎噺の古典でした。

ダーク宏和 奇術
 いきなり「東大のポッドキャストが」などと言い出すあたりは理系なのか。客の大半はついていってなかったのでは。カード裁きが美しい。マジックというよりジャグリングをみる楽しさ。

三遊亭歌奴 初天神
 ポッドキャスティング落語時代からの贔屓の一人。今回もお見事。こんな聞きあきた噺を生き生きと楽しくまとめた。子どもが特にいい。

春風亭一朝 宗論
 オーソドックスにしっかり。いい雰囲気。親父が特にいい。

あした順子ひろし 漫才
 元気だよねえ。基本はずらさず、さらに新しいものを必ず入れてくるベテラン。

宝井琴柳 雪の小仏峠
 ごめん眠かった。声質が好みじゃなかった。

古今亭志ん駒 漫談・海上自衛隊から志ん生の弟子へ
 志ん生最後の弟子による志ん生はなしが楽しい。

三遊亭小円歌 三味線漫談とかっぽれ
 ずいぶん昔、あす歌のころに鈴本でみたけど、やっぱりきちんとうまくなってるんだよなあ。

柳亭市馬 掛け取り
 見事ですなあ。残念ながら歌はなし。このあと浅草でトリだったみたい。そっちでは歌ったのかな。

仲入り

ロケット団 漫才
 東京寄席の若手漫才とくれば芸協のナイツと落協のこのコンビ。うまいんだからもっと売れてほしい。もう一つネタに工夫を。

三遊亭歌武蔵 歌武蔵の居酒屋
 お見事。流行歌の入れ方が実にいい。ナツメロにミニモニを入れ込むとは。

入船亭扇遊 一目上がり 
 まずまず楽しい。

翁家和楽社中 大神楽曲芸
 おなじみ高度なテクニック。ヒザにはちょうどいい感じ。

三遊亭歌之介 母ちゃんのアンカ
 ネタは今年三月の末廣亭余一会とほとんど同じだったがさんざん楽しませてもらった。家族ネタで客席が唸るほど笑わせておいて、涙も誘う。見事。


たとえば歌武蔵の居酒屋には、全然違うネタではあるけど師匠の居酒屋が見えるし、歌之介の家族噺は、やはり師匠の「中沢家の人々」につながっている。いい感じに師弟のつながり方が感じられた、円歌一門の多い鈴本でございました。

m_shike at 17:36コメント(0) この記事をクリップ!

2009年04月04日


午後半休を確保して行ってきましたよ。夜席に入るつもりで行ったら入れ替えなしとのことなので急遽入場。

090331rakugosummit02

090331rakugosummit02
090331rakugosummit01
090331rakugosummit01続きを読む

note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: