春雨や風子

2018年09月09日


昼企画はいよいよ最終日。
ガチャガチャでTシャツ当たりました。

IMG_9582



会場 : お江戸両国亭

三遊亭兼太郎『ん廻し』
立川笑二『元犬』
鈴々舎ハゑ馬『め薬』
金原亭馬玉『そば清』

仲入り

兼太郎(司会)・笑二・風子・好の助・ハゑ馬・小太郎・馬玉  口上
春雨や風子『異母兄弟』
柳家小太郎『のっぺらぼう』
三遊亭好の助『芝浜』

木戸銭2,000円
続きを読む

m_shike at 22:00コメント(0) この記事をクリップ!

2018年03月03日


昨年までは稲荷町、今年は新宿にてのなまらく初席。
都内二軒目の拠点、なまらくさんご発展です。


立川寸志『庭蟹』
春雨や風子『浦島太郎』
柳家小んぶ『幇間腹』
らく兵『親子酒』

基本、落語教室の会場に使われるところなので、狭いし、客席はとても少ない。それだけに濃密な落語空間になる。
続きを読む

m_shike at 16:30コメント(2) この記事をクリップ!

2018年01月09日


妙に仕事が早く片付いたので、二ツ目時代の三遊亭圓橘師が立ち上げた伝統ある「新橋炉ばた」の落語会へ。この日の出演は春雨や風子さん。

IMG_20171121_201651_396
高座は炉端のなかにある。客は逆Uの炉端カウンターをと横のテーブルから飲みながら落語鑑賞。
昔からこのかたちなのかな。普通に飲みに来た人もいるみたいで、演者にとってかなり過酷な状況。
春雨や風子『偉人の言葉』
春雨や風子『はれはれ』
続きを読む

m_shike at 23:13コメント(2) この記事をクリップ!

2015年05月18日


久しぶりに来たこの行徳落語会は、もともと柳家ろべえさんが主役で、ゲストを呼ぶ会だったはずだったのに、今回は女流二人なので、もうろべえさんのシリーズは終了したのかと思ったら、そういうことではないらしい。

ともかく今回は女流二人の会。桃色婦人会みたいな。



image

木戸銭1,500円
春雨や風子『真田小僧』
一龍齋貞鏡『毒婦伝 天人お駒』

仲入り

一龍齋貞鏡『黒田節の由来』
春雨や風子『ラーメン屋』
会場は会議室。机に赤い布で山台。入りはやっとつばなれ。主催者のご苦労がしのばれる。続きを読む

2013年03月06日


3月の深夜寄席は芸協が四回もあるのです。
この日もなかなか面白い顔付けです。
 続きを読む

2012年12月28日


ツイッターで偶然見かけた落語会に、前日予約して参入。
風子さんは気になってたし、鯉八さんは何度でも聴きたいしね。
up_ad_b8906

image
会場は秋葉原電気街、ケンタッキーの前。

春雨や通風(アマ)『替り目』
瀧川鯉八『新魔術』
春雨や風子『トイレの神様』

仲入り

瀧川鯉八『やぶのなか』
春雨や風子『権助提灯』

続きを読む

2012年10月18日


まだ聞いたことない芸協の四人。うむ、行きたい。
続きを読む

タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ