古今亭志ん吉

2017年11月19日


昇進披露は大好き。今回も三人とも行きたかったけど都合つかず。
たまたま知人にこみち師匠のお友達がいて、チケット取っていただいて鈴本へ。
DSC_0137
 

古今亭志ん吉『大隈家に生まれて』
松旭斎美智・美登 マジック
鈴々舎馬るこ『牛ほめ』
古今亭志ん輔『紙入れ』
ホームラン 漫才
柳亭燕路『初天神』
鈴々舎馬風 漫談
林家二楽 紙切り (桃太郎・宮田陽 昇と こみち・紅葉狩り-燕路とこみち-)
三遊亭金馬『禁酒番屋』

仲入り

志ん輔(司会)・馬生・小さん・こみち・燕路・金馬・馬風 真打披露口上
翁家勝丸 太神楽
柳家小さん『長短』
金原亭馬生『不精床』
三遊亭小円歌 三味線漫談
柳亭こみち『寝床』

続きを読む

m_shike at 19:30コメント(2) この記事をクリップ!

2016年07月24日


まあまあいい入りだったけど、もうちょっと入ってもいいよね。みんなピカチュウ捕まえてたのかな。


雷門音助『権助魚』
古今亭志ん吉『紙入れ』
三遊亭橘也『墓穴』
立川志のぽん『粗忽長屋』
笑福亭べ瓶『読書の時間』 
続きを読む

2016年03月21日


やっとこれたさがみはら。二ツ目好きとしては一回は見てみたかったんだよね。




【ここまでの予選結果と出場者】

第1回:柳家花ん謝、春雨や雷太、鈴々舎八ゑ馬、林家 扇、立川らく人
 ⇒柳家花ん謝 本選会出場

第2回:立川三四楼、春風亭一左、昔昔亭A太郎、古今亭志ん吉、瀧川鯉丸
 ⇒古今亭志ん吉 本選会出場 

第3回:三遊亭たん丈、三遊亭歌扇、柳家花いち、桂 宮治、柳亭明楽
 ⇒桂 宮治 本選会出場決定していたが! 
 →優勝者が出演しなければならない落語会にスケジュールの都合で出られないので辞退。
 繰り上がって三遊亭たん丈が本選会出場

第4回:初音家左吉、三遊亭歌太郎、三遊亭橘也、瀧川鯉津、林家つる子
⇒三遊亭橘也 本選会出場

惜敗率1位(第3回予選会出場より) 三遊亭たん丈 本選会出場決定していたが、
→三遊亭たん丈が第3回の出場者になったので、惜敗率2位の昔昔亭A太郎が 本選会出場


ということで、
柳家花ん謝 古今亭志ん吉 三遊亭たん丈 三遊亭橘也 昔昔亭A太郎

以上5名による本選会となったのであります。

出演者挨拶 出番抽選 全員
春風亭朝太郎  『転失気』

昔昔亭A太郎『罪と罰』
三遊亭橘也『死ぬなら今』 
三遊亭たん丈『新・寿限無』

仲入り

柳家花ん謝『妾馬』
古今亭志ん吉『片棒』

投票


橘家圓太郎『馬の田楽』
 

結果発表

 
続きを読む

m_shike at 11:30コメント(2) この記事をクリップ!

2015年01月01日


あけましておめでとうございます。
正月から落語聴いてきました。

稲荷町なまらく亭です。
image
なんか傾いているのは私の態勢のせいです。できたばかりで綺麗で気持ちいい限定15席。
稲荷町の駅からすぐ。のぼりも出てました。清洲橋通りに面して、一階が餃子屋台。

大きな地図で見る

ご存知の通り寄席の初席は一人当たり数分で、だいたい小噺・漫談で終わるわけですが、こちらは3人で1時間。ちゃんと落語が聴けますよ。
春風亭正太郎『堪忍袋』
立川笑二『鮫講釈』
古今亭志ん吉『初天神(序)』
 続きを読む

2013年08月11日


いつもぼく好みの番組を組んでくれる「なまらく両国亭」。
この組み合わせもいいですね。

2013年07月20日22時34分24秒.jpg
役者育ちで歯切れのいい志ん吉さんと、次回9/14シェアする落語にもご出演いただく俊英・春風亭正太郎さんの二人会ですよ。
 続きを読む

2013年06月05日


この日、僕は行けないんですが、はな平さん聴きたいところですなあ。続きを読む

2013年02月24日


なまらく両国亭の顔付けはいつもいい。

この会も期待できます。元役者でさっぱりした語り口の志ん吉さん。大らかさと茶目っ気が素敵な正太郎さん。
2013年02月03日19時17分43秒
続きを読む

2012年09月21日


道楽亭で聴いた時の印象は「爽やかで歯切れがいい」
志ん吉さんが千葉に登場。続きを読む

2012年08月17日


道楽亭で豪華な顔付け。休み中でもありまして行ってきました。

e07d7c7b.jpg

桂宮治 『道灌』
立川こはる『不動坊』

仲入り

三遊亭粋歌『人祓い神社』
古今亭志ん吉『一分茶番(権助芝居)』
続きを読む

2011年08月08日


前回に味をしめて、二週連続深夜寄席。春風亭一之輔が出るので開演2時間前に顔を出したら、さすがに誰もいなかった。
夜席はトリの花緑を初めとしてオールスターみたいな顔付け。普通こっち観るよね(笑)

でも、あっという間に長蛇の列が。
06 - 1


ちょいと大きなカバンを持っていたので思い切って一番前に座ってみた。

左右の桟敷席は膝送り敢行。それでもかなりの立ち見が出ていた。
続きを読む

タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ