三遊亭遊三

2020年02月22日


末廣亭はあまりの熱狂ぶりに引いてしまった。でもやっぱり披露目興行、行きたい。
20200221_162940_HDR

休みとった。
朝から行ったら、整理券41番だって。あはは。

前から二番目の席に陣取る。
会場 : 浅草演芸ホール 夜の部

柳亭楽ぼう『無筆の小噺』
古今亭今いち『雨乞い村』
ねずっち『漫談』
桂伸三『続・寿限無』
雷門小助六『初天神』
マグナム小林 バイオリン漫談
桂米福『熊の皮』
神田紫『秋色桜』
宮田陽・昇 漫才
三遊亭遊三『替り目』

仲入り

米福(司会)・松鯉・伯山・円楽・遊三  真打昇進披露口上

春風亭柳橋『魚根問』
三遊亭円楽『落語家の出(ものまね)』
神田松鯉『水戸黄門記 雁風呂の由来』
ボンボンブラザース 曲芸
神田伯山『中村仲蔵』

木戸銭3,500円
続きを読む

m_shike at 19:30コメント(2) この記事をクリップ!

2016年05月30日


芸協・円楽一門会・上方と面白い組み合わせ。圓橘師目当てにして国立演芸場。



笑福亭希光『動物園』
三遊亭愛楽『猿後家』
春風亭柳好『お見立て』
三遊亭圓橘『茶の湯』

仲入り

桂雀三郎『帰り俥』(作 小佐田定雄)
檜山うめ吉  俗曲 踊り(潮来出島)
三遊亭遊三『子別れ(子は鎹)』 
続きを読む

m_shike at 00:29コメント(0) この記事をクリップ!

2014年08月13日


新宿末廣亭に行ってみたい。
春風亭昇太師匠を聴いてみたい。

という方がいたので、ご一緒に夏休みの寄席見学。

image

良席確保のために昼の部のアロハマンダラーズから入場。
故・三遊亭右紋師の遺影が切ない。音はいいです。小柳枝師いい喉ですなあ。
(撮影許可が出ていたらしくスマホで撮る人がちらほら)

というわけで前座から。

三遊亭遊かり『穴子でからぬけ〜他行』
春風亭昇吉『安いお店』
ナイツ 漫才
桂米多朗(代演)『たがや』
春風亭昇乃進(代演)『シャレ社長 』
宮田章司  売り声
三遊亭遊吉『三年目』
桧山うめ吉 俗曲〜三階節(三界節) 品川甚句 梅は咲いたか 新土佐節 踊り(茄子とかぼちゃ)〜
三笑亭夢太朗『替り目』
三遊亭遊三『火焔太鼓』

仲入り

春風亭柳太郎『おかえり』
Wモアモア 漫才
春風亭柳好 『看板のピン』
三遊亭小遊三 『錦の袈裟』
ボンボンブラザーズ 曲芸
春風亭昇太 『花筏』
続きを読む

2008年12月28日


本当は玉川カルテットが観たくて東洋館に行ったんだけど、前日にタイムテーブルを確認したのに行って見たら「あー昨日出ちゃいました」。

そりゃないよなー。モダンカンカンは出るみたいだったけど、うーん、ということで切り替えて演芸ホールのほうへ。

浅草演芸場01
浅草演芸場01 posted by (C)[4k]shike

二階席から落語を見るのは初めて。
最初は見難いなと思ったけど、仕草、特に身体の向きがよくわかるのでこれはこれで面白い。
あと上から見ると、高座の手ぬぐい・扇子を置くあたりは色が変わっちゃってるのがわかった。そういうものなんだ。

途中から入ったので観たのはこれだけ。


落 語 三遊亭 遊之介 粗忽の釘
マジック 松旭斎 小天華
落語 三遊亭 圓丸 『宗論』
落語 三遊亭 笑遊 『箱根駅伝の小噺・歌舞伎・カミさん』
漫 才 Wモアモア
落語 三笑亭 笑三 『異母兄妹』
落語 瀧川鯉昇 『時そば』
俗曲 檜山うめ吉
落語 三遊亭 遊三  『パヒプペポ』
----仲入り----
落 語
三遊亭 遊史郎 『看板のピン』
色物 ナイツ 『イチロー物語』
落語 三笑亭 可楽 『イスラムの世界〜三題噺』
落語 三遊亭 小遊三 『持参金・現代版』
曲芸 ボンボンブラザ−ス
落語 三遊亭 春馬  『代脈』


MVPは瀧川鯉昇。『時そば』ってこんなに笑える話だっけか?というくらい、これでもかこれでもかと叩き込んでくるクスグリにやられました。

三遊亭笑遊ってのも、なんかすごい人だねえ。昔の円鏡(いまの円蔵)みたいなノリのオーバーアクションで小噺をつなぎ、場内大爆笑。続いて出てきたWモアモアも時事ネタがなかなか鋭くてよかった。

笑三も可楽も矍鑠としてますなあ。

ナイツはもちろん大人気。ネタもさえてました。



圓丸の演った『宗論』という話を知らなくて、調べてみたら大正期の作だという。
宗論 (落語) - Wikipedia

作者がユニークだ。
三井物産の創始者・男爵 益田孝の次男であり、自らも有名企業の重役を歴任した実業家であった。一方、青年時代のヨーロッパ留学中に本場のオペレッタ、コントに親しみ、その経験から帰国後、自らの文芸趣味を生かしてユーモアに富んだ喜劇脚本を多く執筆。帝国劇場の役員となり、森律子をはじめとする帝劇女優を起用した軽喜劇を上演して明治末から大正時代にかけ好評を得た。コロッケ責めの新婚生活を嘆いたコミックソング「コロッケー」(通称「コロッケの唄」)、落語「宗論」は特に有名である。

益田太郎冠者 - Wikipedia


不思議な人はまだいるもんだねえ。今度調べてみよう。



全体の演目などはこちらでどうぞ。

08/12/23 浅草演芸ホール下席・昼の部 - 演芸見ブんログ

水行末・雲来末・風来末 浅草演芸ホール 12月下席 昼席



note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: