三遊亭歌司

2020年01月13日


ニ之席はいいよね。
お正月の華やかさと、じっくり聴ける豪華な顔付けと。
初席は芸人も客も多すぎてねえ。

ということで、今回は寄席を体験してみたいというご希望を頂いたので、お連れしました。
20200113_105416_HDR
会場 : 上野鈴本演芸場

柳亭市松『牛ほめ』
春風亭一左『真田小僧』
伊藤夢葉 奇術
三遊亭歌司『小言念仏』
古今亭志ん輔『酔っぱらい』
笑組 漫才
三遊亭歌奴『新聞記事』
柳亭燕路『粗忽の釘』
立花家橘之助  浮世節
古今亭文菊『権助提灯』

仲入り

翁家社中 太神楽
三遊亭白鳥『アジアそば』
柳家小袁治『紀州』
春風亭一朝『芝居の喧嘩』
林家二楽 紙切り (羽付、土俵入り、炎鵬)
春風亭一之輔『お見立て』
木戸銭3,000円
続きを読む

m_shike at 23:11コメント(2) この記事をクリップ!

2019年04月21日


三代目圓歌は僕にとって理想の落語家。
四代目圓歌は僕にとって理想の後継者。
DSC_0695

仕事が片付いたので19時からの割引で新宿末広亭。
会場 : 新宿末廣亭

途中から

鈴々舎馬風『楽屋外伝(漫談)』

仲入り

五明樓玉の輔(司会)・鈴々舎馬風・三遊亭圓歌・三遊亭歌司・柳亭市馬  口上
立花家橘之助 三味線漫談
柳家花緑『親子酒』
柳亭市馬『高砂や』
鏡味仙三郎社中 太神楽
三遊亭圓歌『お父さんのハンディ』

木戸銭1,500円(19時以降の割引)
.続きを読む

m_shike at 20:30コメント(2) この記事をクリップ!

2015年03月23日


独演会での『猫の忠信』が印象的だった三遊亭司さんもめでたく真打昇進。
10人真打興行の大初日、三遊亭司オフィシャルサイトから予約して参戦。




翁家社中(小楽・和助) 太神楽
入船亭扇遊『一目上がり』
柳家喜多八『替り目』
松旭斎美智・美登 奇術
三遊亭歌司『小言念仏』
鈴々舎馬風『漫談』
ホームラン 漫才
柳家喬太郎『幇間腹』
三遊亭圓歌『中沢家の人々』

お仲入り

寿・真打披露向上
並び順 左寄り
柳家喬太郎(司会)・柳家権太楼・鈴々舎馬風・三遊亭司・三遊亭歌司・三遊亭圓歌・柳亭市馬

涼風にゃん子・金魚 漫才
柳亭市馬『間抜け泥』
柳家権太楼『代書屋』
林家正楽 紙切り『若駒』『花見酒』『纒』『三遊亭圓歌師匠』
三遊亭司『明烏』

続きを読む

2014年06月08日


こちらの記事の続きです。


仲入りはさんで第二部 第三部と続きます。多少の入れ替わりはあるものの池袋は立ち見も出る満員。
2014年06月02日00時40分31秒


第二部 
三遊亭歌扇 『看板のピン』
三遊亭歌奴 『掛け取り』
三遊亭歌る多 『初天神』
大瀬ゆめじ 『漫談』
三遊亭円歌 『円歌の道標』

仲入り

第三部
三遊亭司 『たがや』
三遊亭鬼丸 『新粗忽長屋』
三遊亭歌橘 『?』
三遊亭小歌 『転失気』
三遊亭小円歌 『三味線漫談』 
三遊亭歌司 『百川』
 続きを読む

m_shike at 12:00コメント(0) この記事をクリップ!

2011年08月07日


あちこち落語を聴きに行くようになったけど、唯一足を運んだことが無かった定席・国立演芸場。
実は職場から一番近い。
今日は金曜だし、ちょっと早めに仕事を切り上げれば行けるじゃないか

国立演芸場


ふらっと行ってみることにした。

前から生で聴きたくてしょうがない柳家喜多八が出るらしいし。
入船亭扇辰も聴きたい。


とーこーろーがー。続きを読む

note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: