三笑亭夢吉

2014年10月13日


神田連雀亭のあとなぜか休日出勤。帰宅するつもりがなんだか頭が疲れたので、新宿三丁目へ。
image
深夜寄席名物「最後尾の看板」の後ろを歩く。

今夜も満員、立ち見が出てました。
笑福亭竹三『秘伝書』
昔昔亭桃之助『銀婚旅行』
三笑亭夢吉『殿様団子』
神田松之丞『グレーゾーン』 

続きを読む

2013年12月21日


浅草東洋館を未練たっぷりあとにして。つくばエクスプレス・新宿線と乗り継いで、新宿末廣亭へ。
三笑亭夢吉『強情灸』
山遊亭くま八『大安売り』
春風亭笑松『七度狐』
瀧川鯉八『やぶのなか』
image

シェアする落語 第5回 瀧川鯉八』のチラシが!
鯉八さん。ありがとうございます。おかげで直後に予約貰いましたよ。
【開催決定】シェアする落語 第5回 瀧川鯉八 2014/02/15(土) :裏[4k](ura_shike)落語・酒・デジタル など


続きを読む

2013年09月23日


夜の部がはねたあと、一度コンビニで食料を仕入れて再び末廣亭。
ひさびさ深夜寄席。

桂宮治 『動物園』
春風亭吉好 『紀州』
三遊亭小笑 『町内の若い衆』
三笑亭夢吉 『徳ちゃん』


image
この日は宮治さんと夢吉さんは清瀬で二席ずつ演ってきて、さらに夢吉さんは夜の部にも出ている。大変だー。

 
続きを読む


瀧川鯉朝師匠、渾身のプロデュース。
richoh
このチラシも、上方ゲスト呼んだのも自腹らしいよ。

【大拡散希望】末廣亭九月下席「ちょっぴりちがう寄席」の真意と内容|瀧川鯉朝ブログ 鯉朝のすいぞくかん 

瀧川鯉○ 『小町』
春風亭柳若 『寄合酒』
マグナム小林 『バイオリン漫談』
瀧川鯉太 『ぜんざい公社』
三笑亭夢花 『ドクトル』
新山真理 『漫談』
桂歌助 『都々逸息子』
三遊亭笑遊 『無精床』
ぴろき 『ギタレレ漫談』
春風亭柳好 『お菊の皿』
桂文治 『鈴ヶ森』

三笑亭夢吉 『あたま山』
コント青年団 『コント』
桂三金 『奥野君の幽霊』
三遊亭遊史郎 『ちりとてちん』
ボンボンブラザーズ『曲芸』
瀧川鯉朝 『竹の水仙』
 image
続きを読む

2013年03月30日


ああ、デジカメもっていけばよかったなあ。スマホではやはり限界。
ピントが来ていない。

image
この四月一日に真打昇進、立川談修さん↑最後の『四派で深夜』に行ってきた。

久しぶりの『四派』。以前は入りが悪いと評判だったが、末廣亭もちゃんとWebサイトに情報を出すようになり、前よりは良くなったよう。桟敷はガラガラだけど。もちろん談修さんファンが来ているというのもあるのだろう。
柳家喬の字『動物園』
三笑亭夢吉『思い出』
三遊亭鯛好『魚根問』
立川談修  『人情八百屋』

続きを読む

2013年03月07日


これは立川談修さん卒業公演だな。
夢吉さんも出るし、行きたいなあ。
続きを読む

2012年11月08日


これもいい顔付けだけど、僕は行けません。誰か行って感想をブログに書いてくれると嬉しい。続きを読む

2012年10月26日


この企画ではプロデュースから録音エンジニアまで大活躍。なのになぜか自分の落語は前回入れてもらえなかった鈴々舎馬るこさん、今回はしっかり入っています。

珍しい噺をどんどん掛ける夢吉さん、NHK新人演芸大賞受賞でますます人気急上昇の宮治さん。


いま、もっとも生きのいい落語CDと呼べるでしょう。 予約しなくちゃです。続きを読む

2012年10月24日


image
一瞬、あかぎ寄席か深夜寄席かと。

この思い切った顔付けにまずは乾杯!芸協でかした。

桂 米福『猿後家』
鏡味味千代 太神楽
昔昔亭桃太郎『金満家族』
仲入り
桂宮治『強情灸』
瀧川鯉八『暴れ牛奇譚』
三笑亭夢吉『宗論』
三遊亭遊雀『寝床』

続きを読む

2012年09月14日


これはびっくり。桃太郎師・遊雀師の長講に、中入り後に宮治・鯉八・夢吉と二ツ目三連発。確かに実力ある3人なので楽しみ。可龍師もいいね。

ただし手元データでは10/21日曜日は宮治さん別の仕事入っているはずで、ここは代演かも。 ご注意ください。

続きを読む

2012年07月29日


昨年のNHK放送新人コンクール決勝で自作の『雨傘和尚』を披露し鮮烈な印象を残した瀧川鯉八さんをぜひ聴きたいと思い、末廣亭へ。
3cbf4879.jpg

続きを読む

タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント