アジャイルメディア

2008年11月20日




この本を読んでから、ずっと憧れていた。

欧州とはまだ電信すら繋がっていない大正の世に、単身スコットランドに留学、蒸留所でただ働きしながらペンとノートでスコッチの製法を写し取り、寿屋の山崎蒸留所を手がけ、独立してニッカ設立、余市・宮城峡に蒸留所を造り…。

その生涯を賭してにっぽんのウイスキーを本物にした男、竹鶴政孝。


憧れていたので、余市に行ってきてしまった。先月の話ですけど。



もう、言葉にできないくらい、豊かな気持ちになれた。わずか三時間の滞在だったけど、一日いても飽きないはず。


そして日本の古本屋を駆使して著書二冊を入手。
竹鶴正孝レア本(私物)
竹鶴正孝レア本(私物) posted by (C)[4k]shike

『ヒゲと勲章』は、後で聞いたら社員の方も見たことがないというレアものだそうな。

そんな竹鶴ファンの僕なので、今回、テイスティングイベント、それも3,500本限定発売、世界最高峰のウイスキー「シングルモルト余市1988」の発売前の試飲会に参加できたのは、ほんとに嬉しかったわけであります。続きを読む

タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント