書籍

2017年11月18日


お褒め頂いたので転載。続きを読む

m_shike at 13:00コメント(2) この記事をクリップ!

2017年10月16日


アマゾンに久しぶりにレビュー書きましたので、転載しておきます。

人間たちの世界は不安定だ。
なぜなら、人間が世界を認識しているのは、あくまでコトバを通じて、だからだ。
コトバにならないもののせいで、コトバは簡単にねじれてしまうので、つられて世界はねじれすぎて溶けてしまったり、あげくに崩壊してしまったりする。

この短編集ではそんな人間世界の不安定に対して、「猫」が「絶妙な座標軸」として機能している。
どの作品も、ある意味からっからに乾いたドライな世界なんだけど、そこに浮かび上がるのは、コトバでしか描けない人間たちの心情であり、なにか愛しいものが感じられるのだ。たぶん、猫のおかげなのだろう。

猫にとっては、どうでもいいことなんだけどね。

※献本いただきました、ありがとうございました。




猫たちの色メガネ
浅生 鴨
KADOKAWA
2017-09-29

 

m_shike at 10:00コメント(0) この記事をクリップ!

2016年01月11日


献本いただきました。ありがとうございます。



分かりやすい本なので、さっくりとレビューを。

内容はこんな感じ。

◆あなたの「あるある度」をチェック! ↓
・パソコンの動作が遅くなった気がする
・作成したはずのファイルが見つからない
・メールを書いただけで、もうランチの時間
・間違った相手に重要なファイルを送ってしまった
・必要なデータを持ってくるのを忘れてしまった……
・肝心なところで名刺が切れた! 
・いいアイデアが浮かばない
・自宅から会社のパソコンを使って仕事をしたい
・自分が作った資料はなぜかイマイチ
・やることがありすぎる。どこから片付ければいいか分からない

1つでも思い当たる人は業務改善の余地あり! 
自分が気付いていない仕事の回り道を
「あるある」の例でひも解ける。
元マイクロソフトでOffice製品の製品責任者として務めていた著者が
会計事務所開業以来、中小企業におけるビジネスにおいて蓄積してきた
実務ノウハウを解説。
 続きを読む

2015年07月26日


アマゾンにレビュー書いたのでこちらにも転載しておきます。

続きを読む

2015年06月20日


昨年秋からちまちま走っている。主に土日にだいたい5kmくらい。
まあ、もう無理するつもりはなくて、スローにスローにダラダラと。

タイムはこんな感じ。
BlogPaint
image


5kmでやっと37分切るくらい。1kmラップは7分切れない。
ま、それでも別によかったのでありますが。

先日、iMedia Brand Summitという業界のイベントで宮崎に行きまして。
泊りがけ4日間のイベントの中には、参加者の親睦のためのレクリエーションがありまして。
そのひとつにランニングクリニックというのがありまして、スポンサーは現在ジョギングシューズ愛用中のニューバランスさん。

こりゃいいわと参加させていただきました。

そしたら。続きを読む

2015年04月14日


ご縁があり献本いただきました。これはとてもいい本。




 続きを読む

2014年12月29日


Webの連載を読んでえらく共感し、ツイートで紹介したら、その文章を「帯で使いたい」とのご連絡をいただき、OKですよといったら一冊献本頂きました。ありがとうございます。

僕は人生における最悪の時期が中学生だった3年間で、大人になったら今度は娘が不登校になり、学校ともいろいろやりとりしたりしたので、思うところはいっぱいある。

学校の存在を否定するわけじゃないけど、今の公立中学校はこの程度だと考えると、いざとなったら逃げる用意をしておかないと、ほんとに毎日辛い思いばかりすることになる。それが現実なんだと思う。

言っとくけどね。青木さん相当にマイルドに、抑えて抑えて書いているよ。それでも現場は、こんなにひどいんだと分かる。

子どものあるなしに変わりなく、教育・学校に興味があるすべての方にお勧めします。



2014年06月01日


コグレマサト いしたにまさき 堀 正岳というEvernoteゴールデンコンビによる書籍発売イベントで、超久しぶりにライトニングトークやりました。

落語会集客を少しでもお手伝いしたいので、Evernoteでなんかできないかと思ったところでPostach.io に出会ったので、ScanSnapと絡ませてこんな仕組みを作ったので、ご紹介してみました。続きを読む

2014年04月27日


Amazon.co.jp: 別冊 落語ファン倶楽部 一門名鑑: 笑芸人: 本 大変に貴重な本で、落語好きな人は是非買ってください。面白いし役に立ちます。
落語ファン倶楽部最終号。
別冊 落語ファン倶楽部 一門名鑑

白夜書房
売り上げランキング: 1,669
続きを読む

2014年03月02日


実は刷りだしを見ていたんだけど、本物を手にするとまた格別の感慨が。
万人が読むべき本と確信してお勧めしたい。
IMAG0512





続きを読む

2013年12月07日


ひそかに尊敬している田代さんから献本いただきました。ありがとうございます。

期待通りのいい本です。文系女子大生向けに書かれた教科書らしいですけど。みんな読んだほうがい。


情報倫理 ―ネットの炎上予防と対策―
田代 光輝 服部 哲
共立出版
売り上げランキング: 41,376
続きを読む

2013年01月04日


昨年末から目出度くキンドルユーザーになった私ですが、ものすごく面白い本はキンドルで読まないことにしました。


続きを読む

2012年12月20日


待ってました。こいつが面白くないわけがない。

談志が死んだ


談志が死んだ

と思って読んでみたら、これがうかつに「面白い」とか簡単に言えない傑作でした。
続きを読む

2012年11月26日


談志が死んだ



談志が死んだ

待ってました。こいつが面白くないわけがない。続きを読む

2012年10月13日


お客様が評論家である。素人の評ほど大切なものはない。

だからもし、寄席、いや、落語演芸、何でも、批評を書くチャンスがあったら、どなたでもじゃんじゃん書いていただきたい。
われわれにとって間違ったことでも、何でもいい。
もし、間違われたら、そう受け取らせた、われわれの責任なのだから。
思ったとおりのことを、パリバリ書いて下されば、それが何よりの、落語界への貢献になるのだ。

※『落語の世界』五代目 柳家つばめ (河出文庫P.235)より


落語の世界 (河出文庫)
4309409962
ま、いいわけに使わせてもらっているわけですけどね。

2012年06月05日


そりゃ私はファンですし、ご本人とも面識頂いていますから、読めば面白いとは思ってましたよ。

_SL500_AA300_
談四楼がやってきた! ~落語立川流の最終兵器~(CDジャーナルムック)

しかし、ここまで面白いとは。こりゃね、すんごい本です。
以下アマゾンに載せたレビューを転載。続きを読む

2012年05月20日


予約します。

486171091X
談四楼がやってきた! ~落語立川流の最終兵器~(CDジャーナルムック)

解説
2011年11月21日立川談志が死んだ。1983年落語協会を脱退したきっかけともなった事件に関わった弟子がいた。立川談四楼だ。立川談志からは、志の輔、談春、志らくといった多くの弟子が輩出しているが、4番弟子である談四楼は、高弟のなかでも抜群の芸達者で正統な後継者の一人とも目されている。その一方、小説・エッセイ・書評など30冊以上の著書を持つ作家という一面もあわせもつ。

本書は、そんな多芸な談四楼をまるごと一冊取り上げて、立川流と家元談志を絡めながら、立川談四楼のすべてを紹介していきます。

談四楼ファンはもちろん、多くの談志ファン、落語ファン必読の書といえます。知られざる師弟の関係に、一読すれば思わず、笑い、涙すること必定です。

面白くないわけがない。買いです。


タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント