『シェアする落語』次回は12月です。

2020年07月04日

休み明け包丁の法悦 第382回 圓橘の会 2020/06/27


3月4月5月と3ヶ月もお休みだったこの会。
座席減らして、やっと再開。

20200627_140837_HDR


会場 : 深川東京モダン館

三遊亭萬丸『小言念仏』
三遊亭圓橘『包丁』

仲入り

三遊亭圓橘『業平文治漂流奇談 その一』
木戸銭2,500円(予約)



開口一番はこちらも久しぶりの三遊亭萬丸『小言念仏』この若さでこんな噺に挑戦する勇気とセンスがいい。最近は

でも非凡なセンスを見せつけて活躍中。

そしていよいよ三遊亭圓橘師匠。音曲風呂からのあくび指南あたりに行くのかなと思ったら、きたっ!
三遊亭圓橘『包丁』
。前に三越寄席で聴かせていただいた。久しぶり。嬉しいなあ。

冒頭の男二人の会話が粋な俗曲でも聴くような心地よさ。なのに人物描写が素晴らしい。特に久次が悪人すぎないのがいい。鰻屋の酒もうまそうだ。ここで仕込まず清元の師匠の前で「さっき兄貴から聞いたのはー」としたのはとっさのリカバリーか新しい演出なのか。どっちにしても悪くない。

飲んで唄って手を出して、引っ叩かれるその流れがあまりにも見事で、女の変わり身の早さも気にならないほど。
この会ではよくあることではあるけれど、なんというか、絶品の落語を堪能しました。


仲入り明けてネタだし三遊亭圓橘『業平文治漂流奇談 その一』は発端も発端で、噺は殆ど見えないけど当時の混浴の様子と、女の小悪党ぶりが楽しい。もひとつ楽しいのは途中に挟まれた、師匠が若い心、SKDの司会で温泉に行ったときのエピソード。

3ヶ月のブランクはむしろいい休養だったのか。三遊亭圓橘師匠、いまが絶好調です。
しっかりと落語に酔いしれることができました。

でもこの会、次回は10月なんだよなあ。

20200627_165235_HDR
20200627_140849_HDR
20200627_140808_HDR



m_shike at 17:54コメント(2)落語 | 三遊亭圓橘 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2020年07月06日 12:34
三遊派ですな。
2. Posted by 4k   2020年07月08日 09:16
まさに、これぞ三遊亭です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: