2019年09月11日

わさび真打昇進前祝い 渋谷らくご 2018/08/09


入れるかどうか、一か八か。まあなんとか入れてくれるだろうと渋谷へ。

なんとか入場。サンキュータツオさんの前説はちょっとしか聴けず。

20190809_220919

会場 : ユーロライブ

春風亭一花『お菊の皿』
立川笑二『青菜』
柳家わさび『ダメな人間』
春風亭一之輔『意地くらべ』

木戸銭2,500円


●春風亭一花『お菊の皿』

まくらを語りだしたときには、あんまり落語家向きの声じゃないなあと思っていたらだんだん加減が良くなって、噺に入るとなんの違和感もない。不思議ですねえ。

●立川笑二『青菜』

相変わらずパワフルなクスグリの連発。噺の骨格をいじらぬまま、あっちにもこっちにも笑二印のクスグリが強烈。独演会行きたいのになかなかタイミング合わない。三席まとめて聴きたい。

●柳家わさび『ダメな人間』

渋谷らくごスタート時からのレギュラー。たぶん最多出演。ぼくがわさびさんを初めて聴いたのもシブラクだったと思う。まくらは昇進に関してのあれやこれや。ゲストにあの人が呼べなくなった経緯などなど。まあ、受ける受ける。

お得意の三題噺新作はまあ面白い。自殺志願者と警官というベタなシチュエーションから溢れ出すわさびオリジナルなギャグの連発。緩く作られているようで実は緻密な「わさびスタイル」は益々発展中。

●春風亭一之輔『意地くらべ』

ご存知日芸落研ではわさびさんの先輩。前の高座でバラされた当時の悪事を否定し「訴えます(楽屋に向かって)法廷で会おう!」これだけで爆笑。さらにスパリゾートハワイアンズでの休日(アカスリ)の話で更に爆笑。週刊朝日のコラムにも書いていましたな。

噺は久しぶりに「初めて聴いた東京の古典ネタ」。先代小さんの得意ネタで小三治師もかけているらしい。こんな面白い古典がまだあったんですな。いやあ知らなかつた。面白かった。強情を言い張りあう噺なんて一之輔師にぴったりじゃないですか。


いいメンバーが揃ってわさびさんの昇進お祝いのムードもいい感じ。
わさびさんから披露目のチケットも購入。
楽しい夜でした。

m_shike at 22:09コメント(2)落語 | 生落語感想 

コメント一覧

2. Posted by ますめっど   2019年09月13日 07:07
一花さん…ワタクシも初聴きの時、同じようなことを感じましたね。
意地くらべ…確かに、一之輔師匠にあってる気がする。
3. Posted by 4k   2019年09月14日 16:31
一之輔師によると、一門の中で一番「危ないやつ」は一花さんだそうです。意味はよくわかりません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ