2019年08月17日

やはり「前より面白い」 立川吉笑ひとり会(7月) 2019/07/06


翌週7/14にはシェアする落語にご出演いただくことになる吉笑さん。相変わらずの好調ぶり。お客さんもいっぱい。
20190706_162853_HDR
会場 : ラバン・エ・アロ(表参道)

立川吉笑『黄声』
立川吉笑『ぞおん』

仲入り

立川吉笑『遺影屋』
立川吉笑『くじ悲喜』

木戸銭2,500円


●立川吉笑『黄声』

この噺に「葬儀の仕切り」のエピソードから入るのがまず面白い。弔い仕切るのって大変なんだよね。エピソードに出てくるフレーズが噺のなかで繰り返され、繰り返されるたびにどんどん笑いが大きくなる。

●立川吉笑『ぞおん』

2年前の夏の国立演芸場で完成したと思っていたこの噺、まだ育っている。語り口の切れ味が増したからか。

仲入り

●立川吉笑『遺影屋』

この噺がもう一度掛かるのを待っていた。前に聴いたのは末廣亭のソーゾーシーだったか。
奇妙なシチュエーションながら、子供同士の会話がすんなりと心に馴染んでしまい、笑いを交えながら、ゆるくふわりと噛みしめることができる「静かな寂しさ」は、この噺でしか味わえない。
また聴きたい。

●立川吉笑『くじ悲喜』

この噺ももう何度も聴いているはずなんだけど、むしろ今のほうが楽しめる。
初めて聴いたときはコンセプトの斬新さ(桂文枝作『鯛』を思い出させる)にびっくりしたけれど、いまは会話の自由さにより、生き生きと描かれている登場人物(人物ではないかも)のキャラがとても楽しい。

立川吉笑は、今年に入って明らかにアクセルを踏んだ。
毎月第一土曜日開催のこの会の充実ぶりが、それを示している。

いいタイミングで『シェアする落語』に出ていただくことになった。とても嬉しい。

その様子はこちらで。



m_shike at 19:01コメント(2)落語 | 生落語感想 

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2019年09月01日 10:09
談笑一門、どうやって真打になるのか気になるところです。
2. Posted by 4k   2019年09月14日 16:33
談笑師にきちんと基準を見せてもらえると思っています。楽しみです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ