2019年03月19日

帯! 港区郷土歴史館 落語ウィーク 入船亭小辰 2019/02/28


大好きなラジオ番組「SHIBA-HAMAラジオ」とのタイアップ企画で、港区の施設で無料の落語会。

これがまたかっこいい建物なんだ。昭和13(1938)年に建設された「旧公衆衛生院」なんだそうだ。
会社休んで行ってみた。


 
会場 : 港区郷土歴史館

入船亭小辰『真田小僧』
入船亭小辰『夢の酒』

木戸銭無料


●入船亭小辰『真田小僧』

のっけから衝撃の告白「実はわたくし、今日、帯を忘れまして」。なんと!着物を包んだ風呂敷をうまく帯代わりにしているのだと。言われてみれは変な形たが、色が妙にあっているので言われなきゃ気が付かなかったよ。長めのまくらはどのネタも面白く、真田小僧は切るべきところをバッサリ省いて子どものキャラが際立つ。父親の情けない感じもいい。

●入船亭小辰『夢の酒』

泣いちゃうおかみさんがまずかわいい。ふだんのクールな面持ちとは大違い。
大旦那の穏やかな貫禄と、貫録とはそぐわない酒への執着心がじわっと前に出てくる。
噺全体をきれいなメロディに乗せながら、人物が鮮やかに描き分けられる僕の好きな古典落語。

素敵な会場で二席無料で聴けて楽しかったけど、小辰さんはまたどこかでじっくり聴かねば。





小辰

 

m_shike at 00:11コメント(2)落語 | 生落語感想 

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2019年04月06日 17:15
多分ワタクシ、扇橋→扇辰→小辰のライン かなり好きな気がする。 扇橋師匠の向こうには、五代小さん、三代三木助、八代正蔵、そんな影が見える。
2. Posted by 4k   2019年04月06日 18:11
わかりますわかります。
そのあたりの名人たちの香りをしっかり残していますよね。小辰さんは。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ