2018年09月09日

堪忍袋!そして絶妙の『寝床』 両国亭ゴールデンウイーク特別興行4日目(好の助真打昇進披露)2018/05/05


新真打とともに、面白い若手がいっぱい聴ける、昼席特別興行。全五回の四日目。
IMG_9563

三遊亭鯛好『鈴ヶ森』
立川吉笑『明晰夢』
春風亭正太郎『堪忍袋』
桂三若『夢の続き』

仲入り

鯛好(司会)・吉笑・好の助・正太郎・三若 口上
古今亭始『宮戸川』
三遊亭好の助『寝床』


●三遊亭鯛好『鈴ヶ森』

けっしてうまいとは思えないけど、存在が面白いタイプ。技術が追い付いてくればすごいことになるかもしれないけど、ならなくていいのかもしれない。寄席にこういう人がいると、いいんですよ。

●立川吉笑『明晰夢』

またこういう目出度い会にとんでもない噺を突っ込んでくる。いいね。
元は星新一なのかな。スピーディーな語りで噺をどんどん前に持っていくので、客はSF的に複雑な構造の中に見事なまでに巻き込まれてしまう。

●春風亭正太郎『堪忍袋』

爆弾ぶち込みました。内容については詳しくは書けません。あれ本音だろうなと思います。ニコニコと愛嬌とさわやかさで隠れていますが、正太郎さんにはまっすぐな正義感があるんです。

●桂三若『夢の続き』

初めて。まくらから創作落語までしっかりとした技術は感じる。ああ文枝一門だなあと思わせるストーリー展開の巧みさ。一人の男の一生を手際よく見せていく。
けど、すみません。僕の好みではありません。説明的すぎる感じがあるんです。

仲入り

●鯛好(司会)・吉笑・好の助・正太郎・三若 口上

鯛好さんの司会はなかなかいい。年輪を感じる。

  • 始 道楽亭で仲良くなって、一緒に『はじめてのよるのすけ』を始めた。6月19日に真打昇進スペシャルをやるのでぜひ。
  • 吉笑 口上は初めて。そんなにお会いした回数はないけど、いつも飲みの席。今日は夜席があるから素面でお話できると思っていたら昼から打ち上げやって兄さん飲むらしい。ちょっと赤ら顔の兄さんを見に、夜席にもぜひ。
  • 正太郎 (冒頭の書けない話しか覚えてません)
  • 三若 師匠文枝の言葉から。
締めは三若師の大阪締め、ちょんちょん。


●古今亭始『宮戸川』

前述のとおり「はじめてのよるのすけ」パートナーの始さん。エピソードをまくらにして宮戸川。やっぱりどこか志ん輔師に似ている。いい感じで。この噺が似合っている。

●三遊亭好の助『寝床』

何をやらせてもしっかりと自分のものにしてしまうこの師匠。なによりも茂造が最高。すっとぼけて突き放した感じの旦那とのやりとりが絶妙で、前半だけで一席分の満足感。後半は怒涛の義太夫攻撃、長屋連中のキャラがきちんとコントロールされていて気持ちいい。

IMG_9586
 三若師のネタは『夢の続き』が正解らしいです。

というわけで宣伝です。まだちょっと席あります。そろそろなくなりますよ。



m_shike at 19:30コメント(1)落語 | 生落語感想 

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2018年09月29日 20:31
10/7の会.ネタ出しがないと困っているところにプレッシャーをかけてみました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ