2018年05月19日

ふつうに落語であることが凄い落語 第2回井上新作落語 みつぼし 色恋ばなし 2018/02/17


井上先生の新作企画はいつも楽しみで。
20180217


林家たけ平『須田町こまち』
桂夏丸『綾子に捧げるのど自慢』

仲入り

春風亭三朝『隠居の遊び』
 

●林家たけ平『須田町こまち』

トップバッターは林家の若頭。個人的には一番好きな林家。賑やかでキレがある。
井上先生はこのたけ平師の「賑やかでキレ」に合わせて、美人に入れ込む若い男がいっぱい出てくる噺をあつらえた。これがまた絶妙のシンプルさで、寄席で掛けるのに何の支障もない。
でもこれ、ドージン落語でも同様のあったような。いや筋は全然違うけど。改めてドージン落語は骨格がしっかりと落語だったなあと。

噺が進めば進むほど、たけ平師にぴったりだなあと思いながら笑っていた。

●桂夏丸『綾子に捧げるのど自慢』

もうすぐ真打昇進の夏丸さん(当時)が井上先生に指定したのは「清楚系実はくそビッチ女子高生」ここに「夏丸さんと来れば歌」となると、なるほど、もうこの展開しかない。ちょっと学園ものマンガっぽい台詞も入れつつ意外な展開で大爆笑。落ちは見えていたけどやっぱり爆笑。あの落ちはぜひ前座さんの手を借りたい。


仲入り

●春風亭三朝『隠居の遊び』

持ち前のハイテンションから、深みというか味わいをじわじわと装備しつつある三朝師に、井上先生は「遊び好きの隠居」というキャラを持ってきた。
これがまたもう、ぴったり。ストップをかけようとする若旦那とのやり取りがもう自然に落語。

●鼎談

はい、お賑やかに。



「色恋ばなし」ということでちゃんといい感じの色気もあるし、とにかく、三席とも「びっくりするくらいふつうに楽しい落語」。新作でここまでの「新作っぽさがない」のは凄いことだと思う。
柳家一琴師のために書かれた『まんぷく番頭』も凄いと思ったが、三席いっぺんに来るとこれがまた凄い。
井上先生の才能には本当にびっくりさせられる。
20180218
20180218_002

井上新五郎正隆先生作の落語、次にお披露目されるのこの会です。
ではまた、神保町でお会いしましょう。

m_shike at 23:53コメント(0)落語 | 生落語感想 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ