2018年03月17日

鮮やか三十石 新春圓橘一門会 2018/01/02


正月二日はこちらも毎年恒例、深川東京モダン館で圓橘一門会。


三遊亭まん坊『転失気』
三遊亭朝橘『転宅』
三遊亭圓橘『三十石』

仲入り

三遊亭朝橘『幽霊の辻』
三遊亭圓橘『夢の酒』



●三遊亭まん坊『転失気』
いつもの圓橘の会では割と難しい噺に挑んでいるまん坊さん。この日は前座らしい前座噺で。
初々しさは消えたけど、安定感は増したかな。


●三遊亭朝橘『転宅』
なんと小圓朝師お休みとの説明。うーん。大丈夫なんだろうか。
箱根駅伝に関するまくらから正月らしく?泥棒噺へ。
間抜けな泥棒の人物造形がさりげなくていい。やりすぎない。
女のほうは色気より才が立っている感じでしつこすぎないのがいい。でも噺全体はこってりと面白い。


●三遊亭圓橘『三十石』
前々から圓橘師のこの噺を聴きたかった。春からめでたい。うれしい. 
もう、鮮やかですよ描写の一つ一つが。
宿帳つけるとき客がみんなして嘘の名前を言うところがたまらなく好き。いったい何人出てくるか分からないくらい多くの人が出てくるんだけど、一人ひとりがしっかりと台詞で人物が描き分けられている。また聴きたい。


●三遊亭朝橘『幽霊の辻』
おおっ!来たね。小佐田定雄先生が桂枝雀師に書いた処女作にして大傑作。実は桂九雀師に教わっているという話はご本人からこっそり聞いてた。もともと大好きな噺が、朝橘さんらしい細部の工夫で「江戸っぽく」なった気がする。そしてこの噺は、もっと育つ気がするね。


●三遊亭圓橘『夢の酒』
ベテラン圓橘師がこういう噺をやるとその味わいが格別。妻の悋気で始まる噺だけど、やきもちの焼き方に品があり、そこがまた可愛い。夢の中の女も色気に抑制が効いているから魅力的になる。酔っぱらう噺よりこういうネタのほうが、聴いた後で飲みたくなる。

というわけで富岡八幡宮に皆様の幸せをお祈り申し上げたあと、立ち飲み屋で軽く飲んでから帰りました。いい正月です。



唯一の残念は小圓朝師休演。大丈夫なのだろうか。


m_shike at 20:51コメント(2)落語 | 生落語感想 

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2018年03月18日 01:55
“幽霊の辻” 何年か前、権太楼師匠が年末にかけてるのを聴きました。権ちゃんは確か枝雀直伝だったと思います。あれは楽しかったなぁ。そんなことをふと。
2. Posted by 4k    2018年03月18日 23:39
権太楼師、ちょっとサゲを変えてるみたいですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ