2018年01月12日

朝練講談会 前座勉強会 いちか みのり ゲスト貞寿 2017/11/26


行こうと思って朝起きられず、何度も挫折した朝練講談会。
貞寿先生聴きたくてついに参戦。


田辺いちか『本能寺の変』
神田みのり『宮本武蔵 熱湯風呂』
一龍斎貞寿『赤穂義士銘々伝 赤垣源蔵 徳利の別れ』


●田辺いちか『本能寺の変』
修羅場は大変だし、儲からないんだって。でも講談ならではだと。僕も好きです。
この日は釈台に点取り(台本)を置いての一席。修羅場の迫力にバッチリ目が覚めました。

●神田みのり『宮本武蔵 熱湯風呂』
前日の神田愛山先生独演会の前講と同じネタのロングバージョン。
勢いで聴かせていた部分が丁寧に描写されたので、ようやく情景が浮かんだ。
前日も面白かったけど、さらにさらに満足。


●一龍斎貞寿『赤穂義士銘々伝 赤垣源蔵 徳利の別れ』
義士銘々伝のなかでも人気の高い演目。
貞寿先生はストレートにこちらの胸の真ん中を突くかのように語りこんでくる。

ええ、泣きましたとも。ほんとはお兄さんいないとか下戸だったとか余計な知識ばかりありますけど、それでも泣きました。


……で、放心状態で日本橋亭を出て、本とメガネを忘れて日本橋亭に取りに行く騒ぎに。



ameblo.jp






m_shike at 09:30コメント(2)講談  

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2018年01月12日 06:40
神田あおいさんが、銘々伝では1日前になっている“忠義紙飛び 赤垣源蔵の妹」を持っていてこちらはお酒は飲めない感じになっております。でこっちも、さり気なくな感じです。
あおいさん、義士伝 あまり人のやらないの持っていて、神崎与五郎も“詫び証文”でなく“生い立ち”とかやりますね。
2. Posted by 4k    2018年01月12日 22:35
おお、それも聴いてみたいですねえ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ