2017年06月18日

噂の男の才気煥発 わん丈ストリート 2017/05/25


これぞ才気煥発。人気実力急上昇のわん丈さん。
赤坂会館





三遊亭わん丈『苗字』
三遊亭わん丈 3分間落語『苗字』『妾馬』『紙入れ』
三遊亭わん丈 『権助魚』

お仲入り

三遊亭わん丈『おせつ徳三郎 下 刀屋』
三遊亭わん丈 踊り『奴さん』


会場の赤坂会館は初めて。赤坂のまん真ん中のビル9階に素敵な和室スペース。日本舞踊などの稽古場らしい。

●三遊亭わん丈『苗字』
まくらの途中から入場。見慣れた茶色い長髪の方含む大勢のお客さん。ご本人もびっくりの満員らしい。
面白いけど、なんかちょっともぞもぞする思い出話のまくらから新作に入る。受付OL二人の会話がすでに面白い。さらに「社長」と「所長」のやり取りが、これがもう最高に面白くて、でもネタ割らないと説明できない。割りたくない。ごめんなさい。
で、驚いたことに、さっきの、なんかもぞもぞした長めのまくらが、実は全部伏線で、きれいに回収されてしまった。これはもう離れ業ですよ。すげー。


●三遊亭わん丈 3分間落語『苗字』『妾馬』『紙入れ』
さらに離れ業。「今度また(この前優勝した)3分落語に出ることになりまして。今の噺を3分でやります」頭の部分をぶった切ってまとめてる。さらに妾馬・紙入れを3分で。ちょっとこぼれたみたいだけど、どちらも噺の芯をかっちり食っててちゃんとした落語になってる。面白い。
ますます凄いな。


●三遊亭わん丈 『権助魚』
そしてここでまた古典に。
わりとまっすぐに進める、のかなと思ったら、店の従業員全員が同じ病気にかかるというギャグにいきなり不意打ち食らわされる。権助はそんなにニン似合ってないと思うんだけどそれでもさらりと演じ切る。うるさそうな客にガンガン受けてる。凄いぞ。


お仲入り


●三遊亭わん丈『おせつ徳三郎 下 刀屋』
ネタだし。ネタおろしかな。
さすがにちょいちょい粗い。しかしダジャレの連発で刀屋の親父のキャラをきっちりとこしらえて(笑えるんだこれが)、落ちを悲恋物の芝居っぽくまとめたのはいい工夫。

『刀屋』は、箱入り娘おせつの愚かさを前面に出した立川談吉さんのが好きだけど、恋慕の情を真ん中に据えたわん丈さんのバージョンも説得力がある。どちらも落ちは「材木」ではない。
ここからどうやって熟成させていくか楽しみ。


●三遊亭わん丈 踊り『奴さん』
しんみり終わったところで落ちの工夫についての解説。
そしてさらに大サービス。踊りまで披露。
別にそんなうまいというわけではないと思うけど、最後を明るく締める心遣いは嬉しい。


一言でいうと、お見事な会でした。お客さんの満足そうな顔が凄かった。
なんとなく桂宮治さんのようなスタートダッシュ。
この人は売れるねえ。

わん丈ストリート

20170529_006


次回はこちら。
20170529_007
次回はこちら。また混雑するんでしょうねえ。

というわけで9月のシェアする落語にご出演いただくことになりました!!


こちらもどうぞ。


m_shike at 12:37コメント(4)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2017年06月18日 19:36
先日談吉さんがシブラクでやった新作のタイトルを見たら、今は封印されているであろう“ゴリラ穴”を思い出しましたよ。
2. Posted by 4k    2017年06月18日 19:55
おお、それ知らないです。封印しちゃったのかー。
3. Posted by ますめっど   2017年06月18日 22:41
一回やった時「もうやらない」的なことを言ってた気がします。 前座でしかも円丈らくご塾でしたね。 やる前に一様師匠にネタ見せしたらしいです。
「このネタはネットに上げられない」とかワタクシも日記にあげてた気がしますが、今にして思えば何かしら資料に残しておくべきだったと。 書いとかないと忘れちゃいますからね。
ちなみに穴は前方のヤツです。女子の。
若いわん丈くんがやってたから、なんか生々しくなってましたね。
4. Posted by 4k    2017年06月21日 01:20
あははは。そういうのひとり一本あると面白いですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント