2017年01月05日

間違いなく絶好調 いま粋歌聴くべし! 第九回 矢来町土曜早朝寄席 三遊亭粋歌 2016/12/17


絶好調・粋歌さんを聴き逃す手はないでしょ。
眠い目こすりながら駆け付けましたよ。
朝からいい入りで。

 
三遊亭粋歌『わんわーん』
三遊亭粋歌『おじいせん』

仲入り

三遊亭粋歌『落語の仮面 第一話 三遊亭花誕生』 


●三遊亭粋歌『わんわーん』
久しぶりに聴いたこの噺。粋歌ワールドを寄席向けにチューニングした佳作なわけですが、前よりも明らかにうまくなっている。実家の犬に関するまくらから、

  • 部屋の明かりをつけるところから始まる夫婦の会話(その1)のやりとり
  • 上司の奥様(背筋伸びる)の「血がぴゅーって」
  • 犬の鳴き方(さくっと空気を変える)
噺はそれほどいじっていないのに、全てが格段とレベルアップしている。もともと面白い噺ではあるけど、より多くの人から多くの笑いを取ることができるようになっている。「社宅」という古臭いシチュエーションも気にならない。


●三遊亭粋歌『おじいせん』
これはまた懐かしい粋歌さん新作デビュー作。デビュー作からこんなに面白かったんですよ。「いまはもうナントカ専なんて言わないですよね」と粋歌さんは言っていたけど、大丈夫、充分面白いです。
前半の「同居人だめんずと別れようとするOL」と後半「OL、年下の女の子に誘われて合コン」がうまくつながって、一粒で二度おいしい。一人一人のキャラが分かりやすく、その描き方も前より進化している気がするなあ。


仲入り


●三遊亭粋歌『落語の仮面 第一話 三遊亭花誕生』(作 三遊亭白鳥)
前に、粋歌の女子会で聴いていたわけですが、まー面白いったらありゃしない。
前にも書いたが「背筋伸びる」タイミングでピシッと三遊亭月影師匠のキャラが立ち上がるのが素晴らしい。キャラが立ち上がるって変な表現だけどまあいいか。
とりえのない女子高生の花がつくる「おはなし」の面白さ。

これで第一話を2回、第二話を1回粋歌さんで聴いたけど、あまりの面白さに毎回悶絶している。

『ガラスの仮面』読んだことないけど、これを機会に読破しようかしらん。

まあともかく、ほんと面白いのですよ。そして、根底には白鳥師から女性芸人へのエールのようなものも感じられる。それにきっちり応える粋歌さん。素敵です。



ということで、これ、行けるなら絶対に行ったほうがいいです。
L106083-0001-001
粋歌の新作コレクション2017バレンタインスペシャル


 

m_shike at 09:30コメント(4)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yaconyan   2017年01月05日 12:25
4 ガラカメ、ぜひ読破しちゃって下さい。
月影の師匠なんかまんまですからもうたまりません。絵面のビジュアルが完璧に落語バージョンで浮かびます。
粋歌さん最高です。
2. Posted by ますめっど   2017年01月08日 13:40
好調ぶりをあらわすような三席のラインナップですね。
3. Posted by 4k    2017年01月08日 14:28
コメントありがとうございます。
ガラカメっていうんですね。
うーん、今からはまるのは怖いところもありますが、ここはひとつマンガ喫茶にでもいきますかね。
4. Posted by 4k    2017年01月08日 14:30
あ、まさにそうですね。この日は粋歌さん独演では2016年最後だったそうで、総決算という感じでしたね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント