『シェアする落語 第16回 桂三四郎』 4/15 14時〜 門前仲町・深川東京モダン館 予約受付開始!

2016年11月12日

一門っていいなあ 圓橘一門会 小圓朝・萬橘・橘也・まん坊 2016/10/28


珍しく平日に身体が空いて、当日で圓橘一門会。湯島天神。


 
三遊亭まん坊『寿限無』
三遊亭萬橘『権助魚』
三遊亭圓橘『雁風呂』

仲入り

三遊亭小圓朝『かつぎや』
三遊亭橘也『だくだく』 


●三遊亭まん坊『寿限無』
萬橘師のお弟子さん。いろいろ微笑ましい寿限無。


●三遊亭萬橘『権助魚』
久しぶりにギャグ炸裂の萬橘師を堪能。権助の作り方はいろいろあるけど萬橘師の権助は完全にオリジナルでとんがってて面白いんだわ。奥様も攻撃的ですさまじい爆笑編。


●三遊亭圓橘『雁風呂』
水戸光圀の大らかさに淀屋の謙虚さ。しみじみといい大人の落語。確か橘也さんはこの噺を聴いて入門を決意したとか。


そして、何の気どりもなく橘也さんの新しい名前を発表。

写真の通り、橘也さん、来年春の真打昇進時に名を改めて「三遊亭朝橘」です。
圓朝の朝に圓橘の橘、大きな名前にしていただきたい。朝橘師匠。


仲入り


●三遊亭小圓朝『かつぎや』
「朝橘の朝は小圓朝の朝です」あはは。
これはびっくり小圓朝師もこんなギャグを古典にぶち込むんですね。「豊洲」「盛り土」が見事に話に織り込まれた。後はさっぱり江戸前のミニマリズム美学。ここまでそぎ落としても満足できるのは声がいいからかもしれない。
権助がついているといえばそうだけど、僕としてはむしろラッキーなくらい。もっと聴きたい。


●三遊亭橘也『だくだく』 
「訂正の訂正です、圓朝の朝です。小圓朝の朝に萬橘の橘ってなんだそりゃ」名前の由来についてのエピソードから、大の得意ネタへ。
絵を描くシーンからもう面白くてしょうがない。シェアする落語出演時も深川東京モダン館を揺らすほどの爆笑をかっさらった「ミーコ!」には湯島天神も揺れた。落ちも見事に橘也型。
虚構の上にさらに虚構を乗っけるこの噺でここまで「リアリティ」を感じさせて爆笑の連続。近頃の橘也さんの充実ぶりはすごいものだ。

怒涛のオリジナルギャグ連発で、師匠の前でやるのは勇気がいったかもしれないが、もう真打だ構いやしない。堂々と朝橘流儀でぶっ飛ばしていただきたい。
 
 
最後に全員並んで圓橘師から一人一人の紹介。これがまた、何気取ったこと仰るわけでもないけど温かいんだ。いいなあ。


一門会は来年も会場を移して継続だそうです。皆さんぜひぜひ。 

そしてこちらの会にもぜひ。 シェアする落語 : シェアする落語第15回スペシャル 三遊亭橘也&立川寸志 2016/12/10 #落語



m_shike at 21:28コメント(1)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2016年11月14日 03:23
“朝橘”って非常に期待されてる感あっていいですね。
橘也さんの芸に対する姿勢の話を聞いてから、ぬるいこと言ってる芸人の話を聞くと“キー!”となってしまいます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント