2016年03月27日

橘也の珍品と好の助のらくだ 橘也・好の助落語十番勝負 其の七 2016/03/24


職場移転により若干近くなった連雀亭。でも途中入場でありました。


 

春風亭朝七『道灌』
三遊亭好の助『花見の仇討』
三遊亭橘也『粗忽長屋』

仲入り

三遊亭橘也『魂の入替』
三遊亭好の助『らくだ』
 

●春風亭朝七『道灌』 間に合わず
 
 
●三遊亭好の助『花見の仇討』
こちらも途中から。いい感じだったので最初から聞きたかった。


●三遊亭橘也『粗忽長屋』
面白いけど、わりとまとまりのないまくらから、
「今日は二席目でネタおろしやりますんで一席目はいつもやってるやつで」とこの噺。橘也さんが練り直したであろう珍しい形で「長屋」の部分が補強された面白さ。


仲入り


●三遊亭橘也『魂の入替』
出ました珍品。
春風亭朝也さんから教えてもらった。朝也さんは故・入船亭扇橋師からだと。一朝師・扇辰師・三三師も掛けるみたい。もとは雑誌の投稿で入賞した作品らしい。明治時代って言ってたかな?

もともとの設定からして奇想天外。落語じゃないと、とてもじゃないけどついて行けない。 

興味がある人はこちらを。

こういう不思議な噺は大好きで、落ちの無責任さもまた素晴らしく落語。こういう噺に積極的にチャレンジする橘也さんがいい。
 

●三遊亭好の助『らくだ』
「『粗忽長屋』に『魂の入替』なんなでしょうか」と、さがみはら若手落語選手権についてのネットクチコミの話を。なんか僕が書いたことをくさされたような気もするけど、そんな好の助さんが僕は好きです。「この話をわざわざ高座でする俺もどうかと思うんだけど」ははは。

丁目の半次がちょっと弱いかなあと思いながら聴いていた『らくだ』。しり上がりに面白くなった。落ちはちょっと変わったパターン。 

ご本人はあんまり満足していないようにも見えたが、僕は楽しかった。


というわけで、やっぱりこの二人はなんか面白い。残すところあと三番、なるべく顔を出せたらなあと思う。 

m_shike at 23:26コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント