『シェアする落語 第16回 桂三四郎』 4/15 14時〜 門前仲町・深川東京モダン館 予約受付開始!

2016年01月31日

ScanSnap Cloudでライブドアブログ 落語のチラシでブログを書く


ScanSnap Cloudの導入で俄然出番が増えたPFUのモバイルスキャナ、iX100。
このブログの更新にも活用している。
 
ライブドアブログのいいところのひとつに、他サービスとの連動が多いという点がある。
Flickr Instagram YouTube ニコニコ動画 Twitterからの埋め込みができる。
さらにEvernoteとDropboxから、データを持ってくることができる。


今回はこのDropboxを利用した、ScanSnap Cloudによるライブドアブログの更新についてご紹介。



この記事をご覧いただきたい。

只四楼初高座と 談四楼・寸志の絆 立川談四楼独演会 2015/12/15:裏[4k](ura_shike)落語・酒・デジタル など

冒頭に入っている画像データは立川談四楼独演会のパンフレット。
これはScanSnap Cloudを使って挿入した。そのやり方について。かんたんです。
 

まず(これは前にも書いたけど)、iX100における、僕のScanSnap Cloudの設定は以下の通り。
書類→Evernote(PDF)
名刺→Eight
レシート→Evernote(PDF)
写真→Dropbox(JPG)

一度設定してしまえば、パソコンもスマホも使わず、スキャンするだけで、スキャナが「これは書類」「これは名刺」と自動判別し、それぞれのサービスにデータを送ってくれる。これがScanSnap Cloud。

しかしながらScanSnap Cloudも人の子、あ、人じゃないけど完璧というわけではないので、自動判別が人間側の意向と食い違った時は、送り先のサービスを変えることができるのね。
これを利用する。


まず、パンフレットでも、チラシでもいいけど、落語会から帰ってきたらすぐにiX100を立ち上げて、ScanSnap Cloudでスキャンする。



たいていの場合、「書類」と判別されて、Evernoteに送り込まれる。

これはこれでいいです。

そしてスマホ(僕が使っているのはAndroid)のScanSnap Cloudアプリを立ち上げ、一度「書類」としてEvernoteに送られたデータをスマホ上で確認し、いま読み込んだ画像のところをタップすると、画像が出てくる。
image

下のほうにあるクラウド(雲)のアイコンをクリックすると、
BlogPaint


「イメージデータの種別を変更すると、種別に対応したサービスに転送されます」とのメッセージが出てきて、保存先サービスの変更ができる。

image

ここで、「書類」としてEvernoteに一度保存されたスキャンデータを、「画像」としてDropboxに保存しなおしてあげる。Evernoteに保存されたPDFデータはそのまま、Dropboxに画像データ(JPG)が保存されるわけ。


あとはライブドアブログの更新画面から、あらかじめ連携設定しておいたDropboxのアイコンをクリックし、「ScanSnap>Photos」のなかに保存されている(設定によって保存先は違うかも)画像データをクリック。

そしたら、こんな感じでブログに画像をはめることができるわけです。

6b26d595.g



簡単でしょ。

もちろん落語ブログだけじゃなく旅行の記事でもグルメ記事でも、スキャンした画像データを入れたくなる記事なら何でも応用できちゃう。

ライブドアブログをお使いの方、ScanSnap Cloud、お薦めです。

そして、4月16日はシェアする落語 第12回 三遊亭橘也 お勧めです。

シェアする落語 : 【予約受付開始!】シェアする落語 第12回 三遊亭橘也 2016/04/16



 
富士通 FUJITSU ScanSnap iX100 (A4/片面/バスパワー駆動) FI-IX100W
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 2,452


m_shike at 14:23コメント(0)トラックバック(0)買い物・商品レビュー | デジタルグッズ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント