2015年11月03日

バレは究極の滑稽 立川寸志 バレ噺 ゲスト柳亭小痴楽 2015/10/28


どうしても行きたい会だった。考えてみればバレ噺の会って初めてだ。
2015年11月03日21時08分19秒


新宿道楽亭 当日 2300円(途中から入場)

立川寸志『野ざらし』
立川寸志『町内の若い衆』

仲入り

柳亭小痴楽『磯の鮑』
立川寸志『嫁の力』

 

●立川寸志『野ざらし』
始まって30分経った頃に入場したのに、八と尾形清十郎がまだやりあっている。どうやら小痴楽さんが来てないので伸ばしているらしい。大変だ。そのせいか、ちょっと息が切れる。
でも面白い。抜群に面白い。特に釣りに入ってからの妄想シーンで、周りの釣り人に自分の妄想への参加を要求するのは、まさに寸志ワールドで、もう、おっかしくてしょうがない。


●立川寸志『町内の若い衆』
小痴楽さんが20時まで来れないみたいなので、ツナギで軽いのを、と、さらっと噺へ。立川流で良く聴く型だけど、談幸師を連想させる軽快なリズムで愉しく聴かせてくれた。


仲入り


●柳亭小痴楽『磯の鮑』
ようやっと登場。慌てていたのか着物の着方がいつもよりちょっと雑。まくらでNHK新人落語大賞のエピソードなどでしっかりと温めた後にお得意の『磯の鮑』。小痴楽さんらしいジェットコースターのような凄まじい畳みかけはさらに勢いを増して、客がみんな呼吸困難になるくらい笑う。


●立川寸志『嫁の力』
「もう、今ので終わりでいいんじゃない?」と『磯の鮑』を絶賛しつつ、本日のメインコンテンツは艶笑小噺をベースにした寸志さんの新作。

いやあ、もう強烈に馬鹿馬鹿しかった。素晴らしい。

途中まではふつうの古典落語に聴こえるスムースさでさらっと聴かせておいて、いきなりのバレ的展開で「父と子が競い合う」ことになって、おまけにはめものまで入って腹がよじれる。ある格好で親子が歩いて回るわけですが、その親子の歩き方の違いが何とも言えずおかしい。

落ちも驚くほど秀逸。

まあバレなので掛けられるところは限られていると思うけど、あまりにもいい出来なので再演を強く希望する次第。半端ない滑稽、だったよ。





楽しい新宿の夜でございました。

 


m_shike at 21:44コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント