2015年10月13日

イリュージョン研究 立川寸志の落語研究部・第二回


寸志さんの落語愛が「研究」という形で展開する、マニアックに見えて実に楽しい企画の2回目。

 2015年09月27日13時00分56秒

立川だん子『たらちね』
立川寸志『火事息子』

仲入り

立川がじら『牛ほめ』
立川寸志『手紙無筆』

立川寸志・立川がじら『研究トーク イリュージョン編』

立川寸志『がまの油』
 

●立川だん子『たらちね』
ちょっと調子悪かったか。まあこんな日もある。むかしに比べれば格段の進歩なんですから。


●立川寸志『火事息子』
企画趣旨説明でさっと温めてから、ネタだしの噺へ。一週間に2回もこの話を聞くのはなんか変な感じ。

いやあ、よかったあ。
ひとりひとりのキャラクターがきちんと描かれていて、台詞回しがとてもドラマチック。でも臭くはならない。親子の情が実に程よい加減で、素晴らしい。地のリズムもいい。

ただ、あまりに出来がいいので、ここで会が終わった雰囲気に。


仲入り


●立川がじら『牛ほめ』
ゲスト。実はがじらさんを呼んだほうがいいんじゃないかというのは僕の提案だったりする。
後のトークにつなげるために通常の牛ほめにイリュージョンなクスグリを導入。なかなか良かった。


●立川寸志『手紙無筆』
こういうネタも、ほんとに上手いよな。『馬のす』とか、けむに巻くいい加減で調子いい男。
どこがイリュージョンなのかは気が付かず楽しんでしまった。


●立川寸志・立川がじら『研究トーク イリュージョン編』
がじらさんが「ネクタイの上にジャージ」で登場。先生役を意識したそうだ。
前回の「客が生徒・テキスト配布」よりは格段に改善。
僕も見たことのない、存在すら知らない資料も駆使しつつ、『現代落語論』から時系列に家元の落語論の変遷を、最後のイリュージョンまでを語り下ろした対談は、なかなかのもので。

ただ、そのテーマが大きすぎて、個人的にはやや消化不良ではあった。
がじらさんの「落語イリュージョン=ブリコラージュ」論は実に刺激的で、カンカラ三味線を例にした説明も分かりやすいんだけど、「講義」を「対談」にした分、やはり話の順番が不安定になって分かりにくくなっていたところもあった。

以下はあくまで素人の与太。
家元談志言うところのイリュージョンとは、

「人間の意識下にあるカオスを、あえてカオスのままポンとイメージとして提示する」ことがイリュージョンだと思っている。
たとえば、
  • 「あじゃらかもくれん」「てけれっつのぱあ」など、意味を持たない音だけの面白さ(今回は『子ほめ』にがじらさんが仕込んでいた)
とか、
  • トークで例に出ていた「私食べませんよ」(猫と金魚)。「おとっつぁんの葬式?いよーん!」(片棒)など、論理や場面の飛躍など。がじらさんの「じゃあ茨城は日立か」も。
で、この「カオスの話芸」は、『整った言語』のもとに成立している「社会」に対して、戦後沖縄の物資不足に抵抗するカンカラ三味線のような「抵抗」でありうる。これはがじらさんのブリコラージュ論につながる。


なので、談志円鏡歌謡合戦については触れてほしかったなあ。
「東北旅行どこ行きましょう」「由利徹の実家」は、家元しょっちゅう言及していたと思うので。

ちなみに、いまイリュージョンに一番迫っているのは、立川談吉さんの新作なのではないかと考えている四家でございます。

とはいえとはいえ、楽しゅうございました。
研究部ですから、上記のような妄想を素人・四家のなかに喚起させるだけで成功なのであります。

できれば、対談ではなくてどちらかがボケ、どちらかが突っ込みに徹したほうが出し物としては整うかなと。ビートたけし+高田文夫みたいな。


●立川寸志『がまの油』
これはね。凄まじかった。
胃袋が飛び出るくらい爆笑した。
前半の売り口上はなんとなく講釈の色が強すぎてそんなに好きではなかったのだけど、酒飲んだ後が凄かった。衝撃的に面白い。今までだと「酔っ払いのめちゃくちゃな売り口上」が面白いという噺だったのに、寸志さんの場合、もはや口上はほぼ不能となり、次々とネタをばらすただの暴走酔っ払い。しかもなぜかそこに前座修行の辛さがペーソスとして挟み込まれる。一瞬、虚構と現実の二重写しになる。もうたまりませんよ。

で、すんごく酔っ払ってるけど、なんかいい人なんだ。一緒に飲みに行きたくなるくらいね。


というわけで第1回に比べてはるかにパワーアップした落語研究部。次回も楽しみでございます。 

m_shike at 21:57コメント(2)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2015年10月14日 05:24
立川流は攻めなきゃいかんのう…なんてシブラクで吉笑さんを見ていて思った次第であります。
2. Posted by 4k    2015年10月14日 09:54
なるほど、その通りですね。特に二ツ目は攻めなきゃいけません。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント