2015年09月13日

ずらっと女流の艶やかさ 第6回モダン講談会 2015/09/05


寄席で聴く講談、落語と2席ずつの講談は良く聴くけど、全部講談の会は初めて。
しかも全員女流。
 

会場は満員、やや年配の女性多し。

神田みのり『 宮本武蔵伝「道場破り」』
神田蘭『信長と吉乃 だって好きになっちゃったんだもん』
神田京子『源平盛衰記 青葉の笛』
神田紫『お富与三郎 出会い~仕置き』

お仲入り

神田山吹『勝海舟と渋田利右衛門』 
神田陽子『与謝野晶子伝』 
 

●神田みのり『 宮本武蔵伝「道場破り」』
短髪で可愛らしい前座さん。ところどころ噛んだけど爽やか。


●神田蘭『信長と吉乃 だって好きになっちゃったんだもん』
らんらんらん。どうもこの人の客いじりとか語り口は苦手なんですが、受けていたので、僕の好みの問題なのでしょう。


●神田京子『源平盛衰記 青葉の笛』
真打昇進したばかり。うん、真打の芸です。同じ講談を松之丞さんで聴いたけど、若い情熱ほとばしる松之丞さんに対して、京子先生の語り口からは哀愁が漂う。


●神田紫『お富与三郎 出会い~仕置き』
環境講談をやったり、富士山に清掃登山されたりするんだそうです。で今日は地球環境を考えるのにふさわしい間男の噺、というので大爆笑。
有名な噺ですが斬られるところは初めて聴いた。けっこうエグいが面白い。さっぱりした語り口も素敵。


お仲入り


●神田山吹『勝海舟と渋田利右衛門』 
ぽっちゃり可愛く爽やかな山吹先生。入門から芸名の話をまくらに、要約すると3分くらいの話を、ぐっととドラマチックに読み切って、いいなあ。


●神田陽子『与謝野晶子伝』  
現役早大生の葉子先生。三遊亭歌る多師との二人会『桃色婦人会』で聴いた時から好きになってまして。上向いて「ほっほっほ」と笑うところかとにかくチャーミング。噺はこれまた大変にドラマチックでグッと聴き入ってしまった。


 というわけで、とにかく全部講談、それも女流の講談だったわけですが、噺も演者もとにかく多様で、それぞれの巧みさがあってこれっぽっちも飽きなかった。面白いな講談!

次回は12月、客入りの良い会みたいなので、また予約しようと思う。 
2015年09月27日12時29分37秒

 

m_shike at 21:55コメント(3)トラックバック(0)講談  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2015年09月14日 01:39
講談も人によってかなり違ったりしますよね。
流派によってかなり違うとかで。
2. Posted by ますめっど   2015年09月20日 08:41
講談は男女でも違うし、流派でも違うので面白いですな。
3. Posted by 4k    2015年09月20日 10:46
すみませんコメント承認するの忘れてました。流派の違いが分かるようになるまで聴いてしまいそうです。人によってはもう全然違いますね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント