2015年07月26日

『いつも心に立川談志』(写真 橘蓮二 文 立川談四楼)


アマゾンにレビュー書いたのでこちらにも転載しておきます。



小説『談志が死んだ』では、老いて心の病を得て、もはや「談志」でなくなりつつあった師匠との愛憎を余すことなく描き切り、読者を圧倒した立川談四楼師匠が、今度は橘蓮二氏の写真に寄せる形で100%の敬愛の念を込めた、とても個人的な「師匠への手紙」を綴っている。

亡き師に語りかけるその言葉には、真っ直ぐでありながら洒脱にあふれ、気恥ずかしさや湿っぽさ、べったりした「お涙ちょうだい」ががまるでない。晴れ空の下の粉雪のようにキラキラと、言葉が輝いている。

さらに、師匠に語りかける回想や、師匠に自身や立川流の現状を報告する手紙のなかに、談志ファン・落語ファンにはたまらない逸話がしっかりと織り込まれている。

読み終えたあとに思う。
俺はかくも深く誰かを敬愛し、追悼することが出来るだろうかと。

……そしてふと橘連二氏の写真に目をやると、 「下らねえこと言ってんじゃねぇ。俺はそういうのが一番嫌いなんだ!」 という家元の声が聞こえてくる。

はい、すみませんでした。



いつも心に立川談志
立川 談四楼
講談社
2015-07-11






m_shike at 22:00コメント(0)トラックバック(0)落語 | 書籍 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント