2015年05月25日

こっちの寄席のほうが面白い らくごあそび 第3回寄席あそび 2015/05/23


はい、それではここで復習します。

  • 落語が上手
  • 執筆した新作落語はプロが高座に掛けるほどの出来
  • 東京だけでなく上方の芸人との人脈も深い
  • そんなこんなで様々ユニークな落語会を手掛けている
  • 桂宮治さんに「可愛いんだが可愛くないんだがよくわからない」と言われているが実は可愛い。

そんな素敵なふちこさんがプロデュースする『らくごあそび』。
そのなかでも、前回大変楽しかった『寄席あそび』にまた行ってまいりましたぜ。





笑福亭べ瓶『つる』
神田蘭『つる』
古今亭駒次『夏』

お仲入り

北見翼 和妻
笑福亭べ瓶『くっしゃみ講釈』

べ瓶・駒次・蘭・翼『トーク』

 

●笑福亭べ瓶『つる』
着流しで登場。つまり前座の役割。その割には長いまくらは蘭さんがまだ来ていないからだと。電車の中で子供を叱ろうとした話はやや前のめりながらとっても生き生きして面白い。

で、噺に入るとさらに生き生き、ちょいと前のめりだけど、アホのアホっぽさ、その笑顔が実に素晴らしい。

見台の五枚笹も嬉しいじゃないですか。



●神田蘭『桂昌院』
見台が釈台に代わり、お次は初めての蘭さん。講釈はちゃんとしているんだけど合間にはさむギャグ(というのか)がどうも上滑りというか、好みに合わないというか。


●古今亭駒次『夏』
久しぶりの駒次さん。落語協会の若手新作では一番気になっている方。前に聴いた『ビール売りの女』に比べるとやや緩い感じだなと思っていたら、場面転換の見事さに絶句する。自然に軽快に時空をポンポンと飛び跳ねる気持ち良さ。演目はもう一ひねりしたほうがいい気もするけど。


お仲入り


●北見翼 和妻(手品)
初めて。天井の低い両国亭で鮮やかな技を見せる。

特に「胡蝶」の美しさよ。紙でこしらえた蝶がね、飛ぶのよ。優雅に。

客席のとの距離が近い両国亭で観れたのはラッキーとしか言いようがない。爽やかな好青年。この際だから売れちゃっていただきたい。


●笑福亭べ瓶『くっしゃみ講釈』
ちゃんと着替えてトリとして登場。結論から書くとものすごく楽しかった。『つる』と同様にアホの表情がとても明るくて見ているだけでも楽しくなるし、さらに覗きからくりの唄が素晴らしい。華があって楽しい。ダレるところがほとんどない。いやあべ瓶さんを完全に見直しました。


●べ瓶・駒次・蘭・翼『トーク』
べ瓶さんの仕切りでとりとめもないトーク。その場では楽しかったけどここに書くほどの話はなかったです。


というわけで、この『らくごあそび』シリーズはほんと面白いわけですが、なかでもこの『寄席あそび』は特に面白い。本物の寄席みたいにダラダラしていないもんね。これくらいの尺で4人も出演する、これくらい楽しい会はなかなかないです。

なぜかっていうと、そう簡単にできないんです。僕にはよくわかります。こんなに出演者の多い会をやるのはほんと大変なんですよ。

というわけで今回はも主催者のぶちこさんに脱帽です。

次回は8/22だそうですよ。これまたいい顔付けじゃないですか。予約しちゃいましょうよ。
2015年05月24日10時24分35秒




【盛況☆感謝】らくごあそび Vol.12 〜第三回寄席あそび〜|ぶちこのブログ





2015年05月24日10時24分48秒



m_shike at 23:58コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント