『シェアする落語 第16回 桂三四郎』 4/15 14時〜 門前仲町・深川東京モダン館 予約受付開始!

2015年02月21日

占いパニックと南北分裂 立川談四楼独演会 志ら鈴 だん子 らくみん 2015/02/15


いつもの北澤八幡参集殿が大変なことに。




告知しちゃったんですねえ。

占って欲しい人が大挙。180名。しかも札止めで70名くらいお帰りになったらしい。
 

●立川らくみん『狸札』
お、進歩してるね。あんまり落語に馴染みがない客がぎっしり詰まった中でちゃんとまくらのアドリブで受けを取り、狸を可愛く演じ、ちゃんと受けていた。声が高いというハンデもそんなに気にならない。
たぶん稽古しているんだろう。ますます頑張って稽古してほしい。
「未来ロケット」出演中だから彼女目当てのお客さんもいたのかな。


●立川だん子『つる』
なんかおばあちゃんが縁側で孫に昔話しているみたいなんだよなあ。で、途中でノッキングする。たどたどしい。


●立川志ら鈴『牛ほめ』
あれ!
しばらく聴いていないうちに、これはまたずいぶん上手くなったもんだ。
アニメっぽさはどこかへ消えて、調子でもって客を引っ張れるようになってる。
やや走った感じもあるけど、以前に比べれば格段の進歩。正直あまりこの人に興味なかったのだけど、ちょっと期待しちゃうな。


●立川談四楼『ぞろぞろ』
前座三人の後に談四楼師が出ると、毎度のことながら空気がすっと変わる。客が170人になってもそれは同じ。「こんなに占って欲しい方がいたんですか。知らないほうがいいこともありますよ」。神社仏閣のエピソードから神無月の神様の話をつなげてこの噺。
談四楼師らしいどっしりと芯の座った語り口で、こんな何度も聞いた噺が、入れ事もほとんどないのにしっかり楽しめる。 とくに床屋のキャラクター、ぬか喜びするところがとても楽しい。


仲入り
トイレに入りきれず長蛇の列。



●ゲッターズ飯田・立川談四楼 占い
飯田氏登場。談四楼師のCDか書籍を購入した型を優先に舞台に上げて占うという趣向。

これがねえ。
つくづく思うけど占って欲しい人ってのは余裕がないんだろうな。
どう考えても100人近い人がみんな占って欲しくてここに座っているのに、後のことを考えない、ひたすら自分が聞きたいことを飯田氏に訊いて、ものすごい時間を浪費する。自分がいま170人くらいに退屈を味あわせていることに想像力が行かないのか何とも思わないのか。どっちにしても運気を失うよそういうの。

もっとも段取りもよくない。占うために名前と生年月日を紙に書く必要があるんだけど、他の人が占ってもらっている間に書いてもらえばいいのに。

というか、こんなの占うのは無理。女性前座三人を占ってあげて後はいつもの対談にすればよかった。対談部分は面白かった。

まあ、占いに興味ない落語ファンには、なくていい時間でした。落語会のゲストは演芸がいいなあ。


●立川談四楼『品川心中(上)』
さあここからは談四楼師の挽回。まくらも振らずスパッと廓噺へ。
おそらく初めて落語聴いた率過去最高の客をグイグイ引っ張る店舗と人物描写。花魁の浅ましさいい加減さが素晴らしい。いつもよりもややオーバーアクトで、下ネタもぽんぽん入れたところが、どう見ても占い目当ての30代くらいの女性が大爆笑。これをきっかけに落語に興味を持った方も多いだろう。これぞ怪我の功名。



終演後はいつものように車座になって、ビールをいただきつつ落語の話に花が咲く懇親会。今回は飯田氏が最後まで占うと言い切ったので、舞台のある部屋前半分は占い難民100人近くがゲッターズ占い配給をじっと待ち、後ろは車座で落語話に花が咲くという、完全な南北分断状態になりましたとさ。


落語会、いろんなことがありますなあ。

ただ、占い目当ての人もブーイング一つすることなく静かに落語を楽しんでいたし、ご常連が気を利かせて、助っ人スタッフとして大量客の仕切りを買って出ているところは凄いと思いました。こういうのいいですよね。

 

m_shike at 15:52コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント