2014年10月13日

前座からベテランまで新作6連発 第10回・落語会にゅ 2014/10/12 小ゑん 百栄 円丈 駒次 粋歌


実験落語・応用落語の流れを汲む会、ってことでいいのかな。新作オンリーです。

いつもマメにメールを頂いてるんですが、今回は特に顔付けが気に入って、予約して日本橋亭。
image

 
第10回・落語会にゅ 予約2,200円

三遊亭ふう丈『結婚式スピーチ』
小ゑん・円丈・百栄・駒次・ オープニングトーク
三遊亭粋歌『わんわーん』
古今亭駒次 『ビール売りの女』
三遊亭円丈『みそ野かつお』(三題噺 二世代ローン・カープ女子・じゃがいも)

仲入り
 
春風亭百栄『ロシアンブルー』
柳家小ゑん『長い夜・改供
前の方にいたからよくわからないけどほぼ満員かな。
仲入りまでが場内暑くて暑くて、横のドアを開けて空気を入れたら係りの人が閉めるの忘れたのかな。今度は寒くて。

●三遊亭ふう丈『結婚式スピーチ』
たしか聴くのは二回目だけど、今回の噺はよくできてますねえ。稽古もちゃんとしているのが伺えて好感。


●小ゑん・円丈・百栄・駒次・粋歌 オープニングトーク
すぐに出番になる粋歌さん以外はラフな服装で登場。
ストラップで首からつるしたスマホを見ながらの小ゑんが仕切り役「にゅ は定着してきたんですが、たまに にゃ という人がいます」。公募の新作台本の出来がどうも……。みたいな話。


●三遊亭粋歌『わんわーん』
「これからやる噺に遠藤さんが出てくるんですが、稽古の途中に電話が鳴って『円丈です』、これが遠藤ですに聴こえゃいまして、え、なんですか?って」あはは。
噺は孫圓歌で聴いた時とほぼ同じ。犬の可愛らしさと部長夫人の口調がとても良く、受けていた。個人的には「血がビューって」「針すなお」「古関裕而」が好き。
落ちはもっとスパッと行きたいかな。


●古今亭駒次 『ビール売りの女』
前に聴いた鉄道人情落語がとても良かったので、今回一番期待していた駒次さん。
いやあ、期待にそぐわずやってくれました。面白い!
「神宮球場に人気のあるビール売りの女性がいる」ただこの一つの虚構が「馴染の客の顔と名前は全部覚えている」→「売上1.4億」→「他の売り子は彼女に敗れて他のものを売るようになる」→「かつてのライバルは●●を売っている」 と、虚構に虚構がドンドンきれいに積み重ねながら、クライマックスを迎える構成は素晴らしい。ノズルからビールを注ぐ手つきも素晴らしく、その手つきがまさかあんなことに使われるとは。

今年は二回も神宮に行ったので余計に楽しめてしまった。



●三遊亭円丈『みそ野かつお』(三題噺 二世代ローン・カープ女子・じゃがいも)
いつも通りぼそぼそ語るまくらは面白かった。
「三題噺の題に太棹三味線ってのが入っていて、そんなの下ネタにしかならないから変えてもらった」と。どんな噺になるのかなと思ったら、冒頭からですよ、

「おお、君が じゃが いもおか」

三題噺の意義を根底からひっくり返すド派手な反則技に場内騒然。やられました。笑っちゃった。

ただまあ、ここからはカンペをちらちら見つつ、話がどこまで進んだのか分かんなくなりつつの高座で、果たして最後までたどり着けるのかどうか客席はハラハラ。なんとか完走した。


連続じゃない。連想。

それにしても最近の円丈師の作品って、登場人物が怒ってる印象がある。


仲入り
 

●春風亭百栄『ロシアンブルー』
これまた素晴らしい作品で驚きました。
調べたらCDに入ってるんですな。

春風亭百栄 1
春風亭百栄 1
posted with amazlet at 14.10.13
春風亭百栄
WAZAOGI (2012-11-18)
売り上げランキング: 113,617

前半で仕込まれた謎が逆回転のように折りたたまれていくのがもうたまらない。
主人公が「『落語会にゅ』に行く途中の中年男」という設定で、客がいきなり噺の中に入り込んでしまうトリックも、凄い。


●柳家小ゑん『長い夜・改供
やったー。小ゑん師の面白い落語が聴けたー。
正直、前回テレビで見たやつは??だったので、こんな面白い落語が聴けてうれしい。
昔作った作品の改作だそうだが、相当手を入れているはず。

まずスケールがものすごい。大空と大地が語り合っている。それを手を広げるだけで表現する小ゑん師かっこいい。噺はある夜に飲食している様々な人たちの会話が続くオムニバス。どの人たちも面白い。スタバに行こうとする女子大生から始まり、渋谷で飲んでた青学のヒップホップサークルの学生が最後(だったかな?)。このあいだに新橋の居酒屋のサラリーマン・北千住のファミレスの家族などなど様々登場する。どれも会話がきっちり練り込まれていてメッチャクチャ面白いのです。

これはもう一回聴きたいなあ。空の視点で人間を見おろし、大地の視点で温かく見守るのは、落語という芸の構造そのものなのではないかと思う。


というわけで、あー楽しかった。お客さんも反応よくてね。幸せでした。

一点だけ。
新作の会ですから、ネタの張り出しはしましょうよ。調べるの大変でしたよ。


m_shike at 20:30コメント(2)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2014年10月13日 22:49
ワタクシも行っておりました。
この会はいつも終了後にネットネタの題が発表されるんですよ。
ふう丈くんは、最近だいたいあんな感じです。よく考えるとまだ前座。円丈一門のスゴさを感じます。師匠は徐々にネタが入らなくなってますが、稽古の方はちゃんとやってるそうで、ネタは事前に師匠に見せてるようですよ。
粋歌さんのネタ、サゲの入りにちょっと惜しい感じがしましたね。
まだよくなっていきそうな感じですね。
駒次さんのヤツは、面白かったですね。
今球場のビール売りのお姉さん、モデル・タレント予備軍の方が多いという噂を聞いているので、なんか絵面が浮かんできてね。
円丈師匠の三題噺、ジャガイモが反則的。
面白いんだから、もう台本見ながらやってもいいかなと。
百栄師匠のヤツはCDでは両国亭に向かっておりましたね。
“バイオレンス・スコ”も面白いですよ。
小ゑん師匠は、最近の師匠のネタの源流みたいなものを感じましたね。
ピンポイントなところがいいですね。
2. Posted by 4k    2014年10月13日 23:00
実はトイレ待ちでお見かけしたのですがお声掛け損ねました。失礼いたしました。
感想はもうほとんど同感でございます。
円丈師は、確か応用落語のときに釈台を持ち出して台本見ながらやっていたので、もうそんなので良いんじゃないかと思います。あの歳でまだ戦っているだけでも凄いことですから。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント