2014年06月08日

円歌師の凄み 一門の充実 池袋余一会 三遊亭円歌一門会 (第二部 第三部) 2014/05/31


こちらの記事の続きです。


仲入りはさんで第二部 第三部と続きます。多少の入れ替わりはあるものの池袋は立ち見も出る満員。
2014年06月02日00時40分31秒


第二部 
三遊亭歌扇 『看板のピン』
三遊亭歌奴 『掛け取り』
三遊亭歌る多 『初天神』
大瀬ゆめじ 『漫談』
三遊亭円歌 『円歌の道標』

仲入り

第三部
三遊亭司 『たがや』
三遊亭鬼丸 『新粗忽長屋』
三遊亭歌橘 『?』
三遊亭小歌 『転失気』
三遊亭小円歌 『三味線漫談』 
三遊亭歌司 『百川』
 

第二部 
●三遊亭歌扇 『看板のピン』
多分はじめて。うまいですね。爽やかでテンポがいい。


●三遊亭歌奴 『掛取り』
この会の番頭。僕もこの師匠にメールしてチケット予約しました。久しぶりの寅さん掛取り。楽しい楽しい。


●三遊亭歌る多 『初天神』
師匠の出番が近づいているせいかやや抑え気味ながらさすがの楽しさ。


●大瀬ゆめじ 『漫談』
いやあ、ゆめじうたじはバラシても面白いんですね。凄いなあ。
逆にまた漫才も聴きたくなりますが。


●三遊亭円歌 『円歌の道標』
驚いた。声はちょっと小さいものの達者なもので、何より面白い!
こんな何気ない昔話の漫談がなんでここまで面白いのか。客の受け方が半端ない。
小さん・談志の昔話も出てきて大満足。


仲入り

第三部
●三遊亭司 『たがや』
この前この池袋で独演会、楽しかったですなあ。
今年初たがや。端正で少しおちゃめ。いいです。


●三遊亭鬼丸 『新粗忽長屋』
演目はこれでいいのかなあ。
 長屋は出てきません、おれおれ詐欺の噺。これも面白い。


●三遊亭歌橘 『?』
ひさひざカッキー師匠。すみません、断食道場のまくらは前と一緒だけど面白かったな。噺も面白かったな。という記憶だけで何掛けたかどうしても思い出せない。すみません。


●三遊亭小歌 『転失気』
ここでベテラン。やっぱりちょっと愚痴っぽい語りが師匠に似ている。


●三遊亭小円歌 『三味線漫談』 
ネタは全部お馴染みなのにいつも通りほんと楽しい。今回は昭和の名人の出囃子コーナーで舞台に美るくさんを呼んで太鼓を叩いてもらう。これがまた楽しい。太鼓ってああやって叩いてるんだ。踊りも艶やか。


●三遊亭歌司 『百川』
なんすかね、ちょっとお疲れなのかなという感じの怪しいところがちらちらありましたが、これをはるかに上回る絶妙の愛嬌でやっぱり楽しい高座。



というわけで、15時から20時過ぎまでこれだけみっちり落語聴いて、ずっしりと充実感を味わった。
出てくる人出てくる人みんな面白いんだもんなあ。

 その中で一番面白いのが円歌師ってのが凄すぎませんか。

やばいなあ。円歌師追っかけたくなってきましたよ。 


m_shike at 12:00コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント