『シェアする落語 第16回 桂三四郎』 4/15 14時〜 門前仲町・深川東京モダン館 予約受付開始!

2014年04月21日

端正と流麗 なまらく落語フリークス 入船亭小辰 立川談吉 2014/04/19


この2000円(予約料金)は安かったなあ。
image
ひさびさなまらく。両国亭は表面きれいになりました。中は特にそのままです。
なまらくの顔付けの良さもそのままです。

古今亭きょう介『無精床』
入船亭小辰 『悋気の独楽』
立川談吉『天災』
仲入り
立川談吉『ピッケル』
入船亭小辰 『不動坊』

 

●古今亭きょう介『無精床』
6月より二ツ目昇進して古今亭志ん松。頑張ってよ!ちょっとこの日は不安定だったけど力はありそうだ。


●入船亭小辰 『悋気の独楽』
出囃子がずいぶん長い。なんと足袋を忘れたそうな。おりてきた きょう介さんの足袋を脱がせてはいて上がったという……。しっかりしてそうでこんなところがあるんですなあ。
小辰さんの噺はとにかくきちっとしている。言葉の切り方といいい仕方といい、ぴたっぴたっと心地いいくらいに決まる。いいなあ。


●立川談吉『天災』
いきなり「袖で足袋を借りるという儀式は、再び繰り返されるのでしょうか」爆笑。この日はまくらがスムースで、なかなか噺に入れないじれったさはほとんどなく、この噺へ。
もともと向いている噺だけど前回聴いた時よりさらにイリュージョン度が濃厚。家元を彷彿とさせるシーンと独自のシュールなクスグリがない交ぜになって、お馴染みの流れるような歌い調子でずんずん、ずんずん。楽しかった。


仲入り


●立川談吉『ピッケル』
出ました、かの家元もできなかったイリュージョン新作落語。進化しているとの秘密情報を聞いていましたが、確かに進化してます。
瀧川鯉八さんのような微塵の隙もない独自のファンタジーワールドとはちょっと違う、明るくってメロディアスな独自の世界。噺に入る前に「大した話じゃない」とかいうのだけは余計。面白いから堂々とやればいい。


●入船亭小辰 『不動坊』
足袋の都合で自分でメクリをめくって登場。「談吉さんに、い、いまのなに、と聞いてしまいました」いささか動揺したふりをして、さーっと客席を自分の色へと染め変える。
ピタリピタリと決まる端正な芸で、吉兵衛さんの狂気を演じるもんだからたまらない。仕方といい、若干食い気味に這入る台詞回しといい、もう全てが可笑しい。
登場人物の描き分けもピタリと決まり、しかもクサくない。大したもんです。


二人の持ち味が良く出たいい会でした。
ぶっちゃけこれで予約2000円は安いですよ。この顔付けでまたやるときにはぜひ皆さんご来場下さい。裏切りません。なまらくさん、またやってくれるんじゃないですかね。


image




m_shike at 09:30コメント(1)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2014年04月21日 11:31
談吉さんの“ピッケル”
あれ一本でいろんな新作派の会に出れると思ってるんですけどね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント