2014年03月30日

駒次の鉄道落語で落涙 第51回「四派で深夜」 2014/03/28


久しぶりの四派で深夜。ひょっとして前は立川談修師の卒業公演だったかな?ちょうど一年前。

image


三遊亭橘也『いたりきたり』
泉水亭錦魚  『大安売』
春風亭べん橋 『蛙茶番』
古今亭駒次 『公園のひかり号』



●三遊亭橘也『いたりきたり』
ものすごく久しぶり。
まくらがなんかバタバタせわしなかったが、噺はなかなか良かった。ずいぶん不思議な噺で。途中で「作者に敬意を表して」と言っていたので誰の作品かなあと思っていたら。なんと桂枝雀師なんですね。

なるほど。僕も敬意を表したい。枝雀師とこれを掛けた橘也さんに。 


●泉水亭錦魚  『大安売』
こちらもものすごく久しぶり。正直、錦魚さんはその声質があまり得意ではないのだけど、こういう男同士がバカなこと言っている噺はわりといい。こんなお馴染みの噺でもしっかり笑わせてもらった。落ちは初めて聴いたパターン。


●春風亭べん橋 『蛙茶番』
真打昇進・柏枝襲名の噺を何故しないw他の出演者も。
貰った時間が予想外に長かったみたいでまくらで無理やり伸ばしている、その困っている演技が奇妙な面白さ。噺に入ると一転、とんとんとんとーん。もうばっちり。声の太きさ、メリハリが良い。
恋狂いの男の噺は面白い。笑える狂喜→狂気だからかな。


●古今亭駒次 『公園のひかり号』
やっと初めてお目にかかれた、噂の鉄道落語家・駒次さん。
うわあ、びっくりした。まさか鉄道落語で泣けるとは思わなかった。
噺は割とシンプルなファンタジーなんだけど、少しずつ噺が見えてくる展開と、演出がとても適切なんだな。
古典やらせてもうまそう。だけど今度は爆笑鉄道落語が聴きたいな。


というわけで、今回も満足度高い四派で深夜でした。
 

m_shike at 13:00コメント(2)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2014年03月31日 00:30
駒次さん、ワタクシも先日「円丈らくご塾」で拝見。
この日のらくご塾最多のお客さんだったそうです。
そこでも、「公園のひかり号」かけてました。
ワタクシの家から新幹線が見えて・・・今は大分まわりに物が出来て見えにくくなったのですが・・・0系なんかは頻繁に見えてましたので、グッとくるものがありましたね。
2. Posted by 4k    2014年03月31日 09:02
ええ、ぐっと来ますね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント